あと43回発行致します


今年1月、2月5日の投開票2週間前に市議会議員選挙へ出馬し世間の予想を覆すことなく見事に落選致しました。

3月から月一で街頭演説と後援会便り発行を続けております。

9月期の後援会便りは事務所屋外に準備しておりますのでご自由にお持ち帰り下さいませ。

なお、街頭演説に関しまして毎月一回と定めていての活動でありますが、1人でも多くの皆様へ事業の実態を知って頂きたく、五島市が進めているえこひいき事業「山本二三美術館事業」について数多くの場所で行いたいと考えております。

事業そのものをおかしいと思わない人達のほうがおかしいのでは無いのでしょうか?

観光交流人口の拡大、地域活性化を目的とし、市民・国民の血税1億2,598万円を投じる山本二三美術館事業。なぜ疲弊する商店街アーケード地区再生に乗り出さないのであろうか?

旧福江ショッパーズプラザへ1億2,598万円を投じ改修した場合、建物は立派にリニューアルできるのであります。駐車場問題を指摘される方々がいらっしゃるかも知れませんが、武家屋敷通りの旧松園邸よりは問題はございません。

山本二三さんが五島市の現状を知らなすぎで、五島市商店街の疲弊を第一に考えるのであれば街再生のために商店街地区へ美術館を構えたいと主張されてもいいのでしょうね。

山本二三様
貴方には、ご自身が携わった「希望の木」を3冊、著作権の一部より10万円の寄付以外に美術館が開館してから五島市へ1億2,598万円のふるさと納税をなさる気持ちはありませんよね。


※複数回答可
山本二三美術館(仮称)の必要性に関して投票サイト開設しました。
投票 にご協力下さい。

賛成であると考える方々(市民)の意見も聞いてみたい私です。

 
なんでも相談室

2 thoughts on “あと43回発行致します”

  1.  どうしても作るというなら、どうして本人の意向を尊重する必要があるのでしょうか。本人が金出すんなら分かるけど、五島市が作るのに、本人の考えを聞く必要はありません。そこで販売する利益は、当然五島市に入らないとおかしいいですね。五島市のために、五島市が金出して作る美術館ですから。謂わば、二三氏を利用して、五島市のためになる施設を作るということですね。もし、二三氏のために作るのであれば、公費を私的に流用していることになり、犯罪になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください