本日は五島市役所で「マグロ解体ショーの入札」

ショッパーズプラザ解体の件でありますが、マグロの解体ショーでは多少お金を出してでもマグロを味わう恩恵を受けます。しかし、五島市野口市政のお得意の建物解体ショーは我々市民が納めている税金が無駄に消えるだけであり、その流れで、解体後の跡地の活用に際しても必要の無いものや余計な機能が施された建物が出来上がるんでしょう。
怒りしか湧いて来ませんし、市民は行政の家畜のような気さえしてきます。本来、税金使途は市民のため、市民が安心安全、幸せに暮らすために使われるべきではないでしょうか。

旧福江清掃センター解体撤去工事

2 工事期間 平成29年7月29日
3 工事場所 五島市浜町740番地
4 予定価格 310,248,000円(税抜き)
5 最低制限価格 249,602,000円(税抜き)
入札執行日時(落札決定日)平成28年5月20日

株式会社 今村組 代 表取締役 今村 音博 249,670,000 落札候補者
出口興業株式会社 263,500,000
株式会社松岡建設 305,040,000
本間建設株式会社 富江支店 197,668,000 失格
株式会社才津組 209,903,000 失格
株式会社萩原組 216,520,000 失格
増山建設株式会社 218,350,000 失格
株式会社片山組 246,880,000 失格


2015年8月22日に執行の旧大波止ホテル解体工事入札結果

予定価格 214,017,000-
最低制限価格 172,968,000-
入札改札結果
増山建設 173,100,000-(落札業者)
出口興業 212,000,000-
今村組 172,940,000-(失格)
片山組 172,705,000-(失格)
萩原組 171,768,000-(失格)
本間建設 158,000,000-(失格)
才津組 137,315,000-(失格)


上記の過去二件の解体工事入札結果でありますが、共に「アスベスト除去」が含まれていた建物解体工事でありました。
本日、10時から入札執行されますのは、マグロ解体ショーの入札ではありません。福江ショッパーズプラザの解体工事にも「アスベスト除去が一部含まれている工事入札」であります。
「0」の桁数に間違えのないよう、また、工事名称にお間違えのないようにご参加願います。
本日の入札は「マグロ解体ショー受注入札」ではなく、「福江ショッパーズプラザ建物解体工事入札」でございます!

さて、どこが落札されるのでしょうね!立派なクロマグロの上物だったらいいですね。
当初9000万の概算見積りから一気に170,000,000円に予算が跳ね上がった解体工事事業。


苦し紛れで答弁するよそ者塩川に、五島市長。こんな話が通用するのが五島市なのです。

すでに、どう高く見積もっても「1億1千5百万は越えない」との入札に参加予定の建設業者積算担当は口を割ったのです。

旧福江ショッパーズプラザ建物解体

五島市。野口市政方針「市民は家畜」

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への陳情書提出

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しました。