五島市からの回答は致しません①


上記の市民を舐め切った回答文。そう来るのならこうやらせていただきます。
これでしたら立派な回答を作らざるを得ませんよね!!
(質問書3件は昨日提出しています)


公開質問書①
猛暑の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

お盆に帰省した親類からの意見をご紹介しますとともに、関連先への改善策を市として要望頂けたらと存じます。
大阪より帰省の旅路にてセンスと気遣いの無さを長崎の大波止から感じました。
長崎の大波止からフェリーに乗船するターミナル。上り下りが細かくご年配の方々、子供連れには大変だろうなと思いました。五島に到着してからも二階から下に降りる際、階段か奥にあるエレベーター。ココも同じですね。両方のターミナルで言える事です。
フェリーの中では毛布の貸出が休止中。二等客室はあっち向いて、こっち向いて寝るからスペース足らず、トイレに行く際も踏み付けないか歩き辛い。船会社はちょっと考えたら良いのでは?ストを計画する前にCS向上が先!だと思います。

島内で高校生以来、久々にバスに乗りました。五島中央病院にお見舞いに行く為。病院にアクセスするバスを利用させていただきました。来たバスは年季の入ったステップのあるバス…病院には足腰の調子、身体の調子が悪い方々が利用するであろう路線であります。せめて病院アクセス路線だけでも低床、ノンステップバスを導入出来ないかと思いました。導入費用が無い?無駄な箱物事業に資金を投入するなら、こっちに援助、投資した方が市民、病院利用者は喜ぶのでは?と思いました。

関連先は九州商船及び五島バスの単独企業となりますが、五島市市民の足として必要な交通移動手段である故、行政としての要望で改善要求はできるものであります。

ご回答の程よろしくお願いします。


公開質問書②
猛暑の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
「初級バーベキュー検定」に対して質問させていただきます。五島市が特別に紹介している

http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/individual/information.php?id=4629

「初級バーベキュー検定」を受講して、検定合格したら、五島市職員の採用試験に有利になりますか。行事開催にあたっての目的なども記載されていないもので疑問がいっぱいであります。
今回、市役所が特に有意義と認めていますから、きっと「初級バーベキュー検定」を持っているといいことあるんですかね。市役所が特別に紹介している行事ですから、市民の役に立てると思っています。

例えば、観光物産課なんかで、バーべキューに関わる事業を立ち上げて、食べ方や焼き方など指導するとか。検定を生かして市役所職員として活躍できると思います。具体的な話ですが、市役所職員採用試験に際し、「初級バーベキュー検定」を記入することについてお尋ねします。履歴書への記入ですが、「免許」じゃなく、「資格」として記入できるんですか。
私の息子が高3で、五島市役所職員の試験も考えているものでして。是非、五島市職員、観光物産課として採用できるよう、頑張らさせたいと思います。ご回答の程よろしくお願いします。


公開質問書③
猛暑の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

「平成29年冬巡業 大相撲五島場所」の告知に対して質問させていただきます。五島市のホームぺージ上にて

http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/living/event_detail.php?content_id=4885

担当部署である地域振興部スポーツ振興課は私丸田の指摘で五島市出身の美登桜についての応援メッセージを追記され、また観覧席等の価格も表示されました。翌日行われる大村場所での大村市役所さんとの告知案内ページのみっともなさ。告知する上でこのあたりにも神経を使っていただきたいと感じました。その後改善され、私はお礼の一報をお電話にて差し上げました。

時津海(坂本 正博氏)は下大津出身ありますが、今は時津風部屋の親方です。美登桜は現役力士。応援するなら、時津風部屋でしょうか、美登桜でしょうか。
私は、心情的には五島出身の、美登桜です。私は、時津風部屋のよそ出身の力士より地元出身の力士を応援するのが、「人情」というものだと考えます。
市長は、時々、仕事上で谷川弥一代議士に会いに行くようですが、たまには、美登桜(=東関部屋)の所へ顔出して、「五島の皆が、応援してるから頑張ってください」とか声掛けて欲しいですね。

いいえ、これは本人の自由です。好きな力士を応援するのが、当たり前です。
しかし、五島市の市長という立場では、地元出身の力士にも「情」をかけるの常識というものですよ。こんのなこと言われなくても、分かることです。いや、言い間違えました。賢い市長さんに対して、子どもでも、分かっていることを文章として書き足すこともなかったですが・・・。

余談ではありますが、東関部屋は現在部屋を新築中であり、年内に完成の予定であります。東京事務所もあることですので新築部屋開きの際には磯沖さん、山田さんお二人に表敬訪問という形で五島のバラモン凧でも新築記念で進呈なされてはいかがでしょうか?
ご回答の程よろしくお願いします。

Print Friendly, PDF & Email

 
なんでも相談室

One thought on “五島市からの回答は致しません①”

  1. おはよございます!さすが丸田さん、昨日のうちに「質問書」提出されていたんですね。あんな適当な舐めた回答の次、今回の回答楽しみですね。
    丸田さんのこれでもか!素晴らしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。