五島市役所への抗議は続く

本日朝8時から延々と市役所前にて抗議の街頭活動を「遂行」致しました。私とは裏腹に市役所は虚偽内容の議案審査を「敢行」させるのである。
午後1時前からの部では、警察官が一名で苦情があったと伝えに来られましたが、続けました。
丸田ですから。
やるしかないのです!ごとう農協から五島市への補助金返還に対しての加算金570万円の支払い放棄を認めさせてはいけないからだ。
虚偽内容で議案を上程し市議会に承認をさせるふざけた農協と五島市を、今回ばかりは許すわけにはいかないのだ。しかし、農協も五島市も同程度の組織であることが理解できた。市議会議員が農協の理事と同程度の組織でもある。

田端農林水産部長と田脇農業振興課長は懲戒委員会にて審査してもらわないといかんでしょうね。なんせ「虚偽内容」にて議会へ議案を提出したんだからな。


抗議及び資料伺い通知書

冠省。まず当方は五島市野々切町1260番1の土地を所有している株式会社 沖縄真興といいます。所有権の確認は税務課にて納税義務者の確認を行われるとよい。

さて、現在開会中の9月定例議会へ上程されています、議案第114号(以下「議案」と称す)にて述べられている、放棄の理由「当該補助金の返還命令の原因となった事業の中止が、業主体以外の外的要因によるものであり、やむを得ない事情であると認められるため。」と議会委員会へ上程されているようであるが、外的要因による行為等がどのようにやむを得ないと認められるのか回答願いたい。

また、行政に対し、免除内容が「やむを得ない事情」と認めるに至った経緯の説明を求める。

当議案の審査日時が来る11日、午後からとのことであり、急を要する抗議内容であるため当方が御庁へ伺いする午前中に関係資料をはじめ、伺い全てについての回答を得たいと希望する。

  • 補助事業者(農協)からの加算金免除申請書の開示請求をします。
  • 行政に対し、免除内容が「やむを得ない事情」と認めるに至った経緯の説明を求める。
  • 承認内容:外的要因との審査結果‥外的要因の法的根拠にあたるとした証拠資料の開示請求。
  • そもそも農協と五福商事が結託した不正補助金申請を糺した正常な行為が、どんな外的要因になるのか。

以上

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員質問登壇状況

質問にも立たない議員が議員である意味があるのだろうか?
また、簡単な質問を数多くすれば良いってものでもない。
あなたが支持している議員の一般質問をご存じでしょうか?