イカレタ五島市民と優秀な五島市役所

今日、副市長と話ししました。
「放棄に至った理由をあなたに説明しても一切納得しないでしょう!」と言われましたよ(笑)

五島市役所は丸田と言う一市民を「クレイマー認定」しているようであるが、私は五島市役所という組織を「クレイジー集団」と言わせていただく。

きちんと放棄理由を説明出来ないんでしょうから納得出来るわけないかと。数学の教師でない教師が難しい数学の問題に対し、解答だけポンと出して、わかったか?って言われても生徒は納得出来るわけありません。解答を導き出す過程、説明が必要であり、放棄問題に置き換えると副市長だから、市長だからとか、役職で説明できる訳ありません。当事者の説明が最も信憑性が高いのは明らかです。よって副市長は放棄に至った理由を説明するだけの材料を持ち合わせていないので、単に無知であるため説明できないと言っても過言ではないかと。名ばかりの役職。これが五島市役所の人事です。

この話を知った市民(副市長と同じ三井楽に居住される市民)からの話題。

法的根拠の説明を持っていない人の「答弁」です‥責任感無き輩です。

「やむを得ない事情」は法的に、明らかに対外的要因は不当です。
しかし、上程議案書は、議題からして、稚拙である(笑)。
○ 議題は、事業の補助金返還に伴い補助金適正化法第○条の加算金免除について‥である。
○ 利益を受ける者でなく‥ 負担軽減先(者)でしょう。

わかりやすく説明すれば、人からの噂ばなしを信用して大事な内容を関係者からの事情伺いもせずに「外的要因に邪魔されて」との理由をやむを得ない理由と認め、加算金(損害賠償金)を放棄するとして、低脳な市議会に採択いただくってことである。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

Youtube

毎月不定期にて街頭演説を行わせていただいております。
場所は五島市役所前、五島市総合福祉センター前、東浜町エレナ様前、ごとう農協本店前、シティーモール様前などで行っております。