私は当事者である「五島市議会議案第114号」

議案第114号
権利の放棄について
長崎県肉用牛振興施設整備事業費補助金の返還に係る加算金について、次のとお
り権利を放棄する。

令和元年9月4日提出
五島市長 野 口 市太郎

1 権 利 の 内 容
平成16年度長崎県肉用牛振興施設整備事業費補助金の返還
金(3,615,138 円)に係る加算金(5,654,790 円)

2 放棄により利益を受ける者
五島市籠淵町2450番地1
ごとう農業協同組合
代表理事組合長 橋 詰 覺

3 放 棄 の 理 由
当該補助金の返還命令の原因となった事業の中止が、事業主
体以外の外的要因によるものであり、やむを得ない事情である
と認められるため。

4 放 棄 の 時 期
令和元年9月27日

(提案理由)
権利の放棄については、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項
第10号の規定により議会の議決を経る必要がある。これが、この案を提出する理由である。


3 放 棄 の 理 由
当該補助金の返還命令の原因となった事業の中止が、事業主体以外の外的要因によるものであり、やむを得ない事情であると認められるため。

上記の赤字「外的要因によるもの」五島市農業振興課長なめるんじゃないよ!
誰が私が農協に対して事業の中止を迫ったのか!?
この動画にすべては答えがある。なお、本件については昨年末に会計検査院の調査も入っている。

本日、当事者である私からの指摘を受け、虚偽内容を議会へ上程するのか!とお叱りを受けた農業振興課。
午後2時から行われた話し合いにてどうなるのやら。
話し合いの内容は音源アップ後公開させていただきます。
なお、録音に当たっては担当部署も了解を得て、農業振興課も同じ音源を録音しております。
自分たちの間違いを指摘され続けている音源。全ての音源は明日には公開いたします。今しばらくお待ち願います。
しかし情けないね~
丸田から叱られている音源を録音しているんですから、やむを得ない事情であると認められるものではない。

一部はこうでありました。(やり取りの中で田脇課長を田脇と呼び捨てし叱責していますが、私と縁故関係にあるので致し方ないです。ご理解願います。)この程度で五島市は課長になれるんですからね。

昨年2度に亘って提出した五島市への住民監査請求。監査結果は「棄却」でありましたが、きちんと追求してきた結果、国・県・五島市からごとう農協へ対して補助金の返還命令がおこなわれました。
この住民監査請求の陳述会において、私自身は施設の有効活用に協力してあげる気持ちがあるのだと主張している。
そもそも事業を中止したのは、農協執行部の勝手な結論であるからして、

 

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

Youtube

毎月不定期にて街頭演説を行わせていただいております。
場所は五島市役所前、五島市総合福祉センター前、東浜町エレナ様前、ごとう農協本店前、シティーモール様前などで行っております。