知ろうとしない五島市民がおかしい!?

「盆には帰れなかったが、正月には帰ろうと思っている」

二級上の先輩から久方ぶりに電話を頂いた。

土曜日ということもあり、ビール飲みながら、ゆっくりとサイトを読んでいるという内容でした。

「ひどかね〜、カネミ油症の医療費立て替え金問題は知らなかった。それにしても担当課の川上っていう課長の応対はいかん」

「五島市民がこの問題を知ろうとしないのが一番の問題だよ。国民健康保険加入者だけがバカをみているってなぜ理解出来ないんだろうね。」

「現職の議員さんたちには難しすぎる問題だろうね。」

行政はカネミ油症被害者救済法を尊重し、市民に医療費立て替え金の説明は必要ないと拒否します。私は理由にならないただの責任逃れだと指摘し続けているんですが。

市役所は市民に説明しないが、カネミ油症被害者に対する支援行動計画には備考として立て替え金総額が計上されている。

さらには、被害者支援への補助金50万円も続くのだ。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への陳情書提出

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しました。