指定暴力団六代目山口組傘下組織の組長を再逮捕

長崎県で起きた暴力団の組長らによる密漁事件で、14日、組長の男が別の密漁の容疑で再逮捕されました。長崎県警察本部に近い港を拠点に「密漁船」を不法に係留していたとみられています。

警察によりますと、漁業法違反の疑いで再逮捕されたのは、指定暴力団六代目山口組傘下組織の組長 坂上明弘容疑者(51)です。

先月23日、長崎市野母町周辺の海で無許可でオオモンハタやタイなど10匹を密漁し、JR長崎駅近くの居酒屋に持ち込んだ疑いがもたれています。

坂上容疑者らは長崎市丸尾町の港を拠点とし、密漁に使った船や、潜水器具や水中銃などを保管していた船を不法に係留していたということです。

坂上容疑者らは別の密漁の容疑ですでに逮捕されていて、密漁した魚を長崎市内の歓楽街にある無料案内所に保管し、居酒屋で提供していたとみられています。


長崎石湊会(初代会長は五島市出身の石本修二)
「石湊会」六代目山口組「伊豆組」光生会に移籍したのは昨年の冬の事であった。

水中銃を武器として悪用し過去に事件となったこともある石湊会。元会長の石本氏が最高顧問として返り咲いた話も聴くが、五島市は行政が暴力団排除条例を施行している。行政と市議会は暴力や権力に屈しないで排除に動き、安心安全な街づくりに全力を注いで頂きたい。喚起を含めて当サイトで取り上げているのだ。

しかし、逮捕容疑が長崎らしいな。「密輸」ではなく「密漁」だからな。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への陳情書提出

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しました。