山本二三さん、五島市の状況をご存知ですか!vol.15


読まれるにあたりご理解願います。
記事の内容は山本二三さんへの文句ではありません、事業を計画し進めている五島市教育委員会生涯学習課と事業承認した五島市議会への指摘内容であり、山本二三さん及び、絵映舎への批判ではありません。山本二三という一個人に美術館を構えてやる余裕があるくらいなら、子育て支援や独居老人世帯支援に税金を使うべきです!

 子会社の名称は「ビーイングDC」。約2450万円を投じ、同市江川町の商店街の一角にある空き物件を取得して改装した。社長は津田会長が兼務。当面は資材単価など比較的簡単なデータの入力業務を担うが、従業員の習熟度が高まれば、複雑なデータ入力にも業務を広げる。


ソフトウェア開発・販売のビーイング 長崎県・五島市と立地協定 データ入力子会社設立(8/5(土) 12:30長崎新聞)

ソフトウエアの開発、販売を手掛けるビーイング(津市)が長崎県五島市内に設立したデータ入力を扱う完全子会社の立地協定調印式が4日、長崎市内であった。子会社は1日に設立し、9月1日から本格稼働の予定。内定者を含めて19人を地元採用しており、今後3年間で45人に増やす計画。

ビーイングは、主に建設や土木業向けのシステムとソフトウエアを開発。2017年3月期の売上高は34億8600万円で、土木工事積算ソフトでは国内トップシェアを誇る。創業者の津田能成会長が五島市椛島出身であることが、同市進出の後押しとなった。

子会社の名称は「ビーイングDC」。約2450万円を投じ、同市江川町の商店街の一角にある空き物件を取得して改装した。社長は津田会長が兼務。当面は資材単価など比較的簡単なデータの入力業務を担うが、従業員の習熟度が高まれば、複雑なデータ入力にも業務を広げる。

調印式には、協定を結んだ津田会長と末広雅洋ビーイング社長、中村法道知事、野口市太郎五島市長の4者が出席。同社によると、年々膨大になっているデータ処理への対応が急務となる中、県などからの誘致を受けて本県進出を決定。津田会長は「地元に報いたいとの思いもあった」と語り、「多くの社員を育て、県や市に貢献したい」と述べた。

同市への企業誘致は7年ぶりで、中村知事は「人口減や若者の県外流出が課題となる中、雇用拡大や経済活性化に弾みがつく」と歓迎。野口市長は「商店街内に事業所があり、街の活性化にも貢献いただける。今後の規模拡大に向けても全力で応援したい」と話した。(終)

地元に報いたい。と語るビーイングDC。
事業所は五島市行政が買い与えたりしていません。建物の改修費用も自社で用立て。
山本二三とは大違いなのです。
日に日に「山本二三を嫌い」になっている丸田です。
山本二三美術館(仮称)。五島市が1億2598万円投じ、市有形文化財を破壊しすすめる特定の個人(山本二三)と企業(絵映舎)へプレゼントする事業。

市民の皆さん、山本二三さんが、ふるさと五島に自らの財を投じて開設する美術館ではございません。勘違いなさらないでくださいね。


山本二三美術館(仮称)の必要性に関して投票サイト開設しました。
投票 にご協力下さい。

賛成であると考える方々(市民)の意見も聞いてみたい私です。


 
なんでも相談室

5 thoughts on “山本二三さん、五島市の状況をご存知ですか!vol.15”

  1. 五島市で45名の採用は凄いですね。
    今、データ管理、コールセンター系を地方に進出している企業は多いですが、某所では突然休んだり、遅刻したりと勤怠が緩い地域があり、費用対効果が薄い地域もあるようです。
    五島市で採用される方は個々のパフォーマンスを最大限にアップさせて、次に進出する企業を呼び込んでいただきたいと思います。

    ふるさと納税より遥かに地元貢献ですね。

  2. 二三さんよ、タダより高いものはないべ。
    野口市長よ、美術品の権利はないといっとるが、タダより高いものはないべ。
    投票にて必要といってる輩がいるが、丸田にきちんと必要である筋の通った意見いえるのか。
    必要ないと言うやつらはきちんと意見述べれるんだべ。

  3. 観光客入数と施設観光客の大きな開き。
    道の駅、遣唐使ふるさと館は昼食で利用されています。そのほか団体客ではやぐら寿司、香珠子椿茶屋、玉之浦パンドラ位です。20万人と提示されている数字を頭から信用しない方が利口です。

  4.  観光客数のうち、帰省客(家族や縁故者)のほか、夕焼けマラソン、バラモンキング関係を除いたら何人なのでしょうか。それと大型旅客船の客も除いてみれば。
     このくらいして、観光事業計画を立てないと、正しい判断ができないよ。自分に都合のいい数字を並べても、意味がない。戦前の軍の戦果発表と同じだ。結果は敗戦だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。