山本二三さん、五島市の状況をご存知ですか!vol.14


読まれるにあたりご理解願います。
記事の内容は山本二三さんへの文句ではありません、事業を計画し進めている五島市教育委員会生涯学習課と事業承認した五島市議会への指摘内容であり、山本二三さん及び、絵映舎への批判ではありません。山本二三という一個人に美術館を構えてやる余裕があるくらいなら、子育て支援や独居老人世帯支援に税金を使うべきです!

「増やす要因は何か」「現実的ではない」「絵に描いた餅になる」
五島市行政が主体となって作られる仲良しグループ協議会では『厳しい意見』は絶対に出ない。
しかし、五島市まち・ひと・しごと創生推進会議(委員長・菊森淳文ながさき地域政策研究所理事長)の会議は違ったようだ。

この会議内容と山本二三美術館(仮称)に何の関係があるのか!?
2017年の目標値23万4300人(2019年の目標値 26万人)の達成を委員が疑問視。
ちなみに昨年 2016年の実績値 20万6555人。


昨年度実績値から増やすのは簡単でない!!
「増やす要因は何か」「現実的ではない」「絵に描いた餅になる」
と厳しく意見してくれた委員がいてくれたのです。つまり山本二三美術館事業で国へ申請した資料の観光客数に釘を刺されたのである。
具体的な計画と施策実行を求めた。
(この会議には五島市教育委員会生涯学習課 大窄課長は出席していない。関係ないからだ!!)

一応説明しときますが、観光客入数はとてもいい加減で事実性に欠けた数値である。
なぜなら五島市の観光客入数の抽出方法は、九州商船・野母商船・ANA・オリエンタルエアブリッジの利用客数に特別な係数を掛け合わせての人数なのです。
この算出方法は九州商船のフェリー便に乗船名簿を記入しチケットを購入していた時代から変わっていないのである。
島在住者・帰省客・出張客・スポーツ合宿者・バラモンキング参加者・夕焼けマラソン参加者・五島つばきマラソン参加者等の数も含まれていての数字である。

福江武家屋敷ふるさと館 来館者数 平成28年度実績 13,883人(前年度比 6%減)

福江歴史資料館館 来館者数 平成28年度実績 11,578人(前年度比 25%減)※観光バスツアー客も含む。現在は福江大水害50周年の写真展が開催されています。入館者内訳画像

三井楽遣唐使ふるさと館 来館者数 平成28年度実績 46,913人(前年度比 16%減)※お土産品販売と昼食会場 道の駅

旧五輪教会+江上教会 来館者数 平成28年度実績 14,520人

堂崎教会 来館者数 平成28年度実績 21,996人(前年度比 14%減)

笠松宏有記念館 来館者数 平成28年度実績 1,149人(内島内在住者が60%)※奈留町出身画家の美術作品展示

 


4.来館者数の見込み数とその根拠をご開示願います。
・年間3万人を見込んでおります。五島市への観光客入込数約20万人の1割強と五島市民の来客を見込んでおります。

9.市における費用対効果・経済効果はどのように考えていますか。
・観光客入込数増加と雇用の創出を考えております。

10.5年間で15万人の来館が達成できなかった場合どのような責任を考えられていますか。
・努力します。

生涯学習課 大窄課長に会議へ出席して、山本二三美術館が五島市観光客増加にどれだけ貢献できるのかを説明していただきたかったものである。
おそらく委員からは「増やす要因は何か」「現実的ではない」「絵に描いた餅になる」と怒号が飛んだことだろう。


今朝頂いたコメントをご紹介しときますね!
 今日の長崎新聞に載ってましたね。五島市創生推進会議において、「観光分野では今年の入り込み客の目標値23万4300人(19年の目標値は26万人)の達成を委員が疑問視。昨年の実績値20万6555人から増やすのは簡単ではないとし『増やす要因は何か』『現実的じゃない』「絵に描いた餅になる』と厳しい声が飛び、具体的な計画と施策実行を求めた」とある。
五島市創生推進会議は市内の企業や経済団体の代表者、学識経験者ら25人で構成されている。市の計画は、自分たちの願望と客観的予測を取り違えていたんであろうか、「いい加減な計画」だったことには間違いありません。五島市創生推進会議の意見は、市内の企業や経済団体の代表者、学識経験者の意見ですから、より「実態に則したと意見」といえます。
五島市創生推進会議の意見は市長に答申されるということなので、「いい加減に作られた計画」を基にした「二三館」などの施策は、当然、見直さなければならないでしょうね。見直さないなら「五島市創生推進会議」の存在そのものが、「意味がない」というか「無駄」ということになります。


山本二三美術館(仮称)の必要性に関して投票サイト開設しました。
投票 にご協力下さい。

賛成であると考える方々(市民)の意見も聞いてみたい私です。


 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。