山本二三さん、五島市の状況をご存知ですか!vol.11


読まれるにあたりご理解願います。
記事の内容は山本二三さんへの文句ではありません、事業を計画し進めている五島市教育委員会生涯学習課と事業承認した五島市議会への指摘内容であり、山本二三さん及び、絵映舎への批判ではありません。

山本二三さん下の画像がどこなのかご存知でしょうか?

福江小学校近くの旧蛇の目食堂です。
五島市はむごたらしいんです。
大波止ホテル解体事業のこともご存じではないでしょう!
まずは次に紹介するページを熟読なさって勉強して下さい。
地域ぐるみでの?!
早速動かれましたね!感謝
大波止ホテル解体業者決定 (510ジャーナル)

大波止ホテル解体事業もえこひいき事業。一個人のために不良財産を行政が税金で解体。そして解体後は税金で土地を買い上げてくれたのです。

同じなんです! あなたが美術館を準備してもらうことと。
市民の多くは皆知らないのです。私は毎日暑い中市内の至る箇所で山本二三美術館=えこひいき事業であると指摘し歩きます。

福江小学校近くに存在した蛇の目食堂。五島市は所有者に対してご自身の責任で、自分のお金で撤去しなさいと通知したのです。
そうです、自分の財産は自分で崩す。
あなたも生まれ育った野々切町の財産にアトリエ兼美術館を自分で準備すべきなのです。

甘えるのは子どもだけでいいのです。
親のスネかじりって言葉ご存知でしょうか?

ふるさと五島の納税者のスネをかじっていい気にならないでくださいね。

子供が自立した生活をせずに、親に面倒を見てもらうこと。また、そのような子供をいう。

下の絵なんだかご存知ですか?
私の大先輩で人生のイロハをご指導くださるお方が私の娘にプレゼントしてくださった作品です。
山本二三さんもよくご存知のお方だと思いますが!

私が商店街連盟の一員であれば、武家屋敷の旧松園邸には反対して衰退する商店街活性化の為に旧ショッパーズプラザへの事業変換を訴えて署名活動でもやりましょう!と連盟理事者へ働きかけるんですがね。商店街活性化に単体事業で1億数千万円の話は取り合ってくれない、だから計画されている事業を変換誘致すれば良いんですよ。


 
なんでも相談室

6 thoughts on “山本二三さん、五島市の状況をご存知ですか!vol.11”

  1. 行政の対応が不公平、不条理過ぎる。
    行政は全市民に対し、憲法、条例に則り公平な対応をするのが基本ではないのでしょうか?
    時にはそれらを超越した対応も必要かと考えらます。しかし、今回のこの案件に関して五島市の描く予実は全く当てはまらないと予想します。
    事業を推進する言い出しっぺ、承認した人間は責任感が全くないように捉えています。
    外野の人間ですが、産まれた故郷の行政の不甲斐無い動きに情けなく感じています。

    蛇の目食堂の飾りガラスから見る外の風景が好きでした。

    1. JA五島の社有地に市営食肉センターを建設。事業者は指定管理者としてJA五島の子会社が受注。

      個人所有であった廃業ホテルが取り残されホテル事業者が倒産し解散。廃屋が邪魔で土地所有者は資金不足で廃屋解体が出来なかった。五島市が所有者に税金投入し廃屋解体。解体後の空き地を売りつける土地所有者、買い受けた五島市。全て税金。

      そして今度の一個人へのプレゼントが美術館という馬鹿ゲタ話なのですね。

        1. 公共工事を利用しての選挙運動。そしてこれにて市長はやめる四年間の箱物やりたい放題なのでしょう!

  2. まとめてみると、次のようになります。
    ①唯一残っている「武家屋敷」を破壊することになる。復元不可能になり、全国の笑いものになり(代議士の般若心経事件以上のバカげた事例)、五島観光にとってマイナスになる。
    ②建設または改築か知らないが、カネがかかり過ぎる。1億2598万8千円。維持費は不明であるが相当額が予想される。
    ③採算が取れず、赤字垂れ流しが予想される。
     人件費や光熱費の維持費人件費を含めると。毎年、相当な金額を支出し続けることになる。
     市は、来館人数を観光客の1割強と勝って読みして、如何にも低能な判断をしている。「二三氏」はあくまでも「ジブリ」の背景スタッフであるからして、「二三氏」の作品だけでは、集客実績がないので、確実に赤字になると予想される。人気の「ジブリ」を展示するにも、別途料金が発生することから、維持費がかかり五島市の財政を圧迫することになる。山本二三氏にとっても、「二三館」=「赤字の元凶」とマイナスイメージになる。

    1. 山本二三関係団体の「五島ZINE」のお一人とのやりとりの一節。

      「事業施設は有形文化財なのか?そうは見えんやったけど。意見するなら二三さんではなく、役所では?彼が運営するわけでも無かろうに。」

      五島のことを好きだとか心配だとか、五島発展に東京から応援しますとか活動している割には、旧松園邸が市の有形文化財である事を知らないんですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。