壱岐市と五島市。どっちの市民が「利口」なのか


五島市新市庁舎住民説明会終了後に市がホームページで公開した内容に、会場で意見された内容が数点掲載されていない。
すぐさま文書にて掲載するように求めた。
本日ホームページ上にて追記文書が公開された。が・・・

【説明会でのご意見】
壱岐市の新庁舎建設が白紙となりましたが、どのような内容で事業白紙となったかご存知ですか。(平成29年6月28日追加)

【市の考え方】
壱岐市の新庁舎建設が白紙になった経緯については、説明会の折には把握していませんでした。
壱岐市庁舎は本庁分散方式で、旧4町役場(昭和47年~昭和54年建築)に機能分散して各部署が配置されているため、集約して1つの庁舎として建設する計画でした。しかし、住民投票の結果、建設反対が過半数を占めたため、新庁舎の建設を中止しています。

都合のいいようにしか回答しないのが地方自治体のマニュアルです。説明会時は「知らない、承知していない」との返答。

【壱岐市の新庁舎反対の大部分の意見】
市が昨年夏に実施した市民アンケートでは反対が64%に上った。住民らでつくる「市庁舎建設に反対する市民の会」は、今の4庁舎はどれも高台にあって津波被害の心配もなく、新庁舎は不要と主張。東幸博代表(67)は 「市の姿勢は 『使える金があるから使う(合併特例債)』 という風にしか見えない。無駄遣いだ」 と指摘する。

私は質問にて「壱岐市の反対に至った理由まで説明してあげた」のですが・・・

本日の長崎新聞では、6箇所の事業説明会に参加された市民の数が70名と市民の関心の低さが指摘されていたが、70の内訳は島外者1名、2か所参加同一人物2名、市役所職員41名。つまり26名の市民しか参加されていないのである。
そして市議会議員の参加は2名だけである。

市役所財政課はこう説明するのである、「広報誌にケーブルテレビ、インターネットでの説明会開催告知、更には、当日の車による広報街宣活動と、説明会開催案内は十分すぎるほどやっている」。やっているだけであり、告知成果の結果は参加者数に現れる。と思う私です。「関心の低さ」市民の関心は国で起こっている問題で頭が一杯なのである。五島市の市政はどうでも良いのだろう。

この五島市は小値賀町より人口が少ないのであろうか?
国勢調査(29年6月1日現在)によれば小値賀町2,460人、五島市36,093人。
小さな小さな地方自治体の町議会は全国で61番目に優秀な議会運営なのである。
議長が名刺破られる程度の五島市議会だもん

五島市合併時の人口(平成16年)48,338人。現在が36,093人。
実に12,245人の減。一方の小値賀町、平成16年時に3,492人、現在が2,460人。1,032名の減少。
12年間を比較すると減少率では五島市が上です、面白いな。
おそらく減少を増加(移住等)でカバーしているんですよ。
本日、五島市役所職員に現時点の五島市総人口聞いたら、40,000人と教えてくれる職員がいた。

県内BEST10にもランクインしない五島市議会、全国順位は知らないほうがお互い(市民と議員)のためである。
なんせこんな低能な議会を作り上げたのは五島の市民、有権者各位なのですから。
大丈夫!「森友問題に加計学園問題」、そして「このハゲ~」に新たな「稲田防衛大臣発言問題」に注目しとけばいいんです。

壱岐市と五島市、果たしてどっちの市民が利口なのだろうか?
答えは明らかなのです。
「目に見える部分だけを気取る五島の人種」

イカすイカのキャンペーンや、五島漁協による五島メダイ(目太)のブランド化は今や忘れさられたのでしょうね。

ある市役所某課長はこう答えてくれた。


 
なんでも相談室

6 thoughts on “壱岐市と五島市。どっちの市民が「利口」なのか”

  1. 近大マグロに食われているのは…
    ブランド策だけではなく、安い賃金での労働力と環境。

    1. ブダイでなく、五島漁協によるメダイ(目太)のブランド計画事業でした。
      結局、市に県を巻き込みながらも失敗に終わったのでしょうね〜。
      マグロの養殖は順調みたいですが、五島市民の口には合わない魚種ですもんね。

      1. 目鯛は結構、人気のある魚ですよ。
        五島で漁獲される魚のブランド化と同時に付加価値のある商品開発もしなければ魚値は上がらないので、第一次産業の所得増、後継者問題等は実際のところ棚上げですね。

        マグロよりカツオですね(笑)

        1. 冬場はカワハギ尽くしでもよかですね! アラカブ味噌汁の早食い大会とかやってみるべきです😅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。