再任、橋詰組合長体制


昨日のJAごとう総代会。再任を熱望する集団にとっては馬の耳に念仏を貫き通した1日だったことでしょう。

JAごとう、橋詰組織を一言で言い表すと「烏合の集」

執行部に具合の悪い蝉の声も「カァ〜カァ〜」としか聴こえないらしく、、、

しかし笑顔は作れない、、、   反橋詰集団の視線が痛いから

五島市の市議会含めた組織(烏合の集)と似たようなものですね。

五島市の有権者の皆様方、五島市みんなで選択した五島市議会の県内順位をご存知ですか?

ネクタイもきちんと締めれないんですかね? きちんとしていただきたいものですよ。
何せ、五島市議会の「顔」なのですからね。でもキツク縛りし過ぎると自分の首絞めますから注意してください!!


議長が名刺破られる程度の五島市議会だもん

JAごとう組合長も、五島市議会議長もお互いに「素晴らしき人選」だと称え合うのだろう。
共通点は一つ、自分一人では行動できない。


 
なんでも相談室

8 thoughts on “再任、橋詰組合長体制”

  1. ネクタイもたいして縛れ無い?
    違いますよ、崩れた体制を体現してるんです(笑)

  2. 公人となる議会議長、農業組合長、漁業組合長の椅子も座布団も要りません。
    誇れる故郷が欲しいですね。

    1. 名誉ふるさと市民認定証はいかがでしょうか! 「なんとか大使」より良いかとおもいますが、

      1. それなら同級生に「ありがとう」の一言も言えなかった某映G監督と同類に思われますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。