新庁舎の必要性の理由に!どうぞ


昨日午前7時すぎ、長野県の南部を震源とする最大震度5強の地震がありました。地割れや瓦が落ちるなど住宅にも被害が出ているらしいです。地震、雷、火事、親父の言葉が引き継がれている丸田家であります。


長崎県で深海魚「リュウグウノヒメ」発見、イルカなど付近での動物異変がまた
(2017/06/24 地震ニュースより


  6月22日に長崎県五島市の海岸で深海性の「リュウグウノヒメ」が水面近くから見つかったと長崎新聞が伝えている。

発見者は海辺で撮影を行なっていた所、水面下で弱々しく泳いでいたと言うが、長崎新聞では「リュウグウノヒメ」について「水深数百メートルに生息するが報告例が少ない」としており、現地の水族館でも初確認だという。
地震の前兆ではないか、と囁かれることで知られる「リュウグウノツカイ」はアカマンボウ目リュウグウノツカイ科、一方今回の「リュウグウノヒメ」はスズキ目シマガツオ科ではあるが、深海性の魚が水面近くで見つかったということで地震への関心が高まりそうだ。
五島列島近海を震源とする地震は2月8日にM4.0・震度3を含む3回の有感地震が連続して以来起きていないが、長崎県では6月9日に橘湾でM4.2・震度4の地震が起きたばかりである。
また橘湾では4月19日にもM4.1など複数の地震が発生していたが、この時は同震源におけるM4以上が約10年ぶりであったことから注目を集めた。
今回の「リュウグウノヒメ」に関連して知っておきたいのは、2016年末から五島列島で動物の異変が相次いでいる点である。2016年12月9日にイルカが5頭打上げられた他、2017年1月21日には五島灘で深海魚のアカナマダが捕獲。更に3月3日にも再びイルカが4頭打ち上がっているのである。
これらに続く五島列島での深海魚発見で、長崎県を含む九州北部での地震発生に懸念が広がりそうだ。  


熊本地震並の大地震が起こりうる可能性ありとして新庁舎建設に踏み切った理由に正当性がない五島市の市長さん、上記を大地震発生の予感としてご利用なさられてはいかがでしょうか(^O^)

市長秘書係の水戸係長は情報収集にとても長けておられますので、本サイトで係長の出来の良さをご紹介させて頂きます。私の発信または、意見書がだされて初めて情報を収集し、どこの誰がフェイスブックで書かれていた。などと報告するくらいですからね。ちなみに広報誌で告知された岐宿町の八朔鼻の県天然記念物認定も知らないんですからねー。

どうにかしないとダメだよ!って先頭に立って呼びかけする職員が五島市役所にはいないのです。
市生活環境課は写真が本当なのかを岐宿町支所職員に現調させて電話で真実を知る。
そうです、忙しいを理由に他人の目にて確認。本年度予算に計上しているから何なのだろう。
自分らでどうにかせねばという回答も出来ない。予算計上?
市民の血税だろうに。
天然記念物関係→市教育委員会生涯学習課
漂流物ごみ関係→市生活環境課
ジオパーク推進協議会→総務企画部政策企画課
縦割り社会は何一つ物事が進まないのです。


http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=3889



世界文化遺産登録を目指す「頭ヶ島の集落」ですが、6月24日(土曜日)新上五島町職員有志によるボランティア清掃が行なわれました。当日は50人ほどの参加があり、あいにくの雨模様の中、時間を調整しながら作業をおこないました。白浜集落に向かう道路の落葉清掃と白浜集落の海岸清掃を分担し、雨が強まる10時をめどに出来る範囲で作業をおこないました。道路脇にたまった落葉は、スリップ事故の原因や、排水路詰まりの原因になることから、大きな助けとなりました。また、海岸清掃によって、頭ヶ島を訪れる方々を気持ちよくお迎え出来、美しい景観をさらに美しくお見せすることが出来ると思います。
悪天候の中お集まりいただいた皆様、本当にありがとうございました。今後とも世界遺産登録に向け、どうか皆様のさらなるご協力をよろしくお願い致します。


 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。