驚愕の記録更新中


すごい記録が更新されております。私は将棋に興味はありませんが、連勝記録更新は心から応援しています。一方、五島市と長崎県の税金が投入された事業総額559万円の「漁師食堂 五島灘」の記録更新へもおおいに期待しています(^O^)

この際、PRも兼ねて「漁師食堂 五島零(ゴトウゼロ)」に名前変え心機一転といこうじゃないですか! 先月の中総体野球会場にて市議会議員の野口氏(元市水産課勤務)に、取り上げで頂きたい案件があるから連絡して事務所に来て下さい。と伝えるも連絡も無いんだもん。その際、丸田の連絡先の確認も伺い済みであった。

しかし凄い中学生です!「14歳藤井四段 歴代最多タイ28連勝!  」
連勝記録更新中なんですから(^^♪
そして五島市と長崎県が補助金支援につく五島ふくえ漁協が経営母体である「五島市漁師食堂  五島灘」四月から開業以来利用者ゼロ!。こちらは「ゼロ」を更新中。


賑わったのはオープ二ング行事のみと言っても過言ではない。

歩のない将棋は負け将棋と言いますが、漁師食堂 五島灘は「歩」以前に盤面すらまともじゃないんじゃ?(笑)  しかし新港町の区画整理は盤面に劣らず立派なものです。


この際、今後も利用者ゼロを祈念し偉大な利用者数ゼロ記録更新中の祝賀会をひらきませんか?
せっかくの投資を無駄にしちゃダメでしょう。1人あたりの会費を5100円とし、料理代金を1100円。残り4000円は運営者である五島ふくえ漁協の熊川長吉組合長が御祝儀!として懐へ。

実証船へ自身の名前を命名したり、港湾工事では現○は貰えるし、漁師食堂では長崎県・五島市から補助金入ってくる。このままゼロ更新して施設閉鎖となれば丸田は即座に住民監査請求できるのです。使われていない実証船「長吉丸」をフル活用!五島灘遊覧朝食セットプランでゼロ更新に拍車をかけましょう。


消費者金融さんでさえ、ご利用は計画的にと注意を促すんです!五島は補助金利用者に対してご利用は計画的にと注意勧告しなければならないのです。補助対象事業として誰が面談したのか! 国境離島新法関連の補助金採択事業も大半が失敗になるでしょう。(以下参照)


久賀と椛島の2つの後継者支援事業も見直ししましょう。商売経験のない五島市の職員さんらが事業計画立ててうまくいくはずないのである。

五島市のホームページによると、「ながさき水産業大賞」の参加者が募集されています。(長崎の地域の特色を活かし、新しい水産業づくりに成果のあった経営体、組織・地域を表彰します)


この際、色んな意味で「どんぴしゃり」の漁師食堂五島灘を推薦いたしましょう!

事業見直ししても必ず失敗は見えています。傷が浅いうちにやめましょう。その後は支出された補助金返還を求め、住民監査請求を提出させて頂きます。


五島市福江町に、取れたての魚料理を楽しめる漁師食堂「五島灘」が4月オープンする。当面は団体観光客を対象にして、交流人口の拡大や漁業者の所得向上などを図る。24日、プレオープンとして食堂内や料理が関係者に披露された。

周辺の漁師でつくる福江漁業集落(岩永弘道代表)が企画・運営。漁師が取った魚を妻らが料理する。五島ふくえ漁協(熊川長吉組合長)が管理する施設の一室を食堂に改装。内部に色鮮やかな大漁旗を数多くあしらうなど”漁師色”を前面に打ち出している。

看板メニューは同集落の漁師が漁獲する中でも特に量が多いキビナゴの料理。バイキング形式を予定しており、プレオープンでも、漁師の妻が新鮮なキビナゴを刺し身やフライ、南蛮漬け、鍋物の「いりやき」などに手際良く調理して並べた。

県や市の職員や漁業関係者ら約20人が試食し、鮮度抜群の島の味に舌鼓を打った。野口市太郎市長は「観光客にとって食べることは魅力の一つ。五島の価値を一段と高めてくれることを期待している」と話した。

当面は、朝食限定で毎週土、日曜(第1、3日曜を除く)に20人以上のツアー客を対象に営業。近くの市福江魚市の見学とセットにして旅行代理店などの商品に組み込んでもらえるよう売り込んでいく。

岩永代表は「都会の皆さんに次から次に広がって、子や孫の代まで続く場所にしたい」と語った。(長崎新聞)


27年7月に市観光協会は、漁師食堂について新上五島町視察 。7/16~17
新上五島町大曽魚市場の漁師飯視察。
何を視察してきたのやら。


本事業は「周辺の漁師でつくる福江漁業集落(岩永弘道代表)が企画・運営。」というふうに表ざってかかれているが、企画は五島ふくえ漁協と観光協会さらに、一部の市議が作り上げて五島市に補助金依頼、運営上福江漁業集落に投げ入れているに違いない。

五島ふくえ漁協所属のキビナゴ漁は確か禁漁期間がありますよね! 禁漁期間中は何を提供するの?観光協会の告知では「キビナ料理をバイキング形式で提供」と書いてあるけどさ。禁漁期間に漁をすると罪にならないの?
私にもこの食堂に関して色んな情報が寄せられている。
漁師食堂で働くおばさん達の日当は離島漁業再生支援交付金から支出。事業費の559万の明細に疑惑を感じている関係者もいるのです。

80くらいの椅子やテーブルに改修された50足程度の下駄箱。そして中古の冷蔵庫、改築工事はこの程度で559万?!

椅子にテーブルは有名なデザイナー手造りの高価な品物なのかい?

どなたか文科省みたいに内部文書を丸田まで届けて頂けませんか?  五島市役所には小さな巨人が居ないのですかね。市民の血税が無駄に使途されているかもしれないんですよ。

五島市でも森友同様に工事契約書不正による補助金増額でもやってしまってはいませんよね。

五島警察署の刑事さん、成績点数加算に調査してみませんか!

長崎県平戸市の漁師食堂「母々の手」(かかのて)は流行っているのにね〜〜

そして平戸市の漁師食堂「母々の手」(かかのて)への口コミ情報。

五島市の漁師食堂 五島灘は利用者ゼロだから口コミ情報そのものが無いんです。残念(T ^ T)

この際、営業内容を見直すのならば、いっそのことJAごとうの五島がうまい!の農家レストランと共同営業に替えられたらいかがでしょうか?  魚メニューが有りませんしね(^O^)
大型バスの駐車場も完備しているし。

漁師食堂 五島灘が賑わったのはこの1日だったわけか。

こんなずさんな事業を補助金ドロボーまたは、税金の無駄遣いと言うのです。一体誰が提案したのですか? カンパーナホテル前駐車場の観光朝市同様に「終わっていたの!?」ってのはどうだろうか。五島市長ポケットマネーで穴埋めすれば良いんです。市民を騙すような事業に税金を充ててはいけません。


 
なんでも相談室

8 thoughts on “驚愕の記録更新中”

      1. 補助金って交付金の活用と言うかドブに捨ててる。
        追及する市民が少な過ぎる。

        1. 市民は国の問題のほうが関心あるそうです。全てテレビで説明してくれるから。しかし五島の問題は自分らで探しだして分析しないとダメだからって🙅‍♂️

          1. 最小自治体から興味を持たないとね…。自分らの生活に一番直結してるんだから。
            五島は説明責任を果たさず、やってからの事後報告なら行政の機能がしていない証拠。

          2. 議員の追及がダメですね。質問するならたくさん武器を持っていないとですね。結局、調査する方法がわからないのでしょう。なにせ、経営していたスーパーを潰す程度の人物ですから。意味ない突っ込みでしたので編集動画からは省きました。

  1. 禁漁期間中もキビナゴ定食あるんだべか。
    冷凍物。新鮮というか、斬新というか。朝食、昼食に2千円。市役所職員と市議会議員食堂に活用しな。

  2. 動画みました。市議会議員も数名で十分なんですよね。そしてきっちりと追及できる人物。20名の市議では誰もあてはまりません。それにしてもひどい補助事業です。見直すったって無理があります。丸田さんの記事発信、一部の事業推進者からかなりのパッシングあるでしょうが、頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。