労いの言葉だけで十分なのです


2017バラモンキングが終わり2日目。

昨日は表彰式等の行事も行われ夕方の便で全ての来島選手は島を離れるだろうと思い、設置を任されていたアーケード街への大会のぼりを本日午前中に撤収し終えた。

大会関係者である市役所幹部の方よりLINEメッセージが届いていた。


さらに、返却先の市体育館職員は、毎年ご協力ありがとうございます。また来年もご協力いただきたいと思います。と体育館玄関前まで見送って下さった。

「労いの言葉だけで十分なのです。」

設置したのだから撤収するのもあたりまえ。
選手の多くが島を離れた時間以降に撤収完了。
2017年のバラモンキングへの個人的サポートも終了いたしました。

選手の皆さん、お疲れさまでした。
大会関係者の皆さん、高校生ボランティアの生徒の皆さんご苦労様でした。

私の好きな言葉、
終わり良ければすべて良し(`_´)ゞ

毎年感じる事で有難い事とは思いますが、市民選手の呼びかけで、表彰式イベント終了後にアーケード街で火バサミとビニール袋持ってゴミ拾いをされておりました。とても素晴らしい事ですが、アーケード街は毎朝早朝6時前から1人の商店街の先代店主がゴミ拾い活動をされており、綺麗な環境なんですよね。ゴール会場付近をゴミ拾い参加者全員で清掃作業してもいいのではないだろうか?

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください