シャッター商店街「課税強化」への逃げ道


住宅や住宅兼店舗が立つ土地の固定資産税は、最大で本来の額の6分の1減税される特例がある。
五島市もその特例が適用されているのであるが。。。
200㎡以下の土地に立つ住宅・住宅兼店舗の場合が6分の1。200㎡を超す場合は3分の1の減税となっている。

「空き店舗の課税強化」
五島市の本町アーケード街とサンシャイン新栄町アーケード街
市民の認識は五島唯一の「商店街」であるが現在は「消店街」と書くのが正しいのではないのか。
そんな街のシャッター街(=空き店舗)へ課税強化し不動産売買を促す地方創生に向けた「まち・ひと・しごと創生基本方針」案の全容が5月24日明らかにされた。

空き店舗解消へ課税強化

地方創生に向けた当面の人口減少対策をまとめた政府の「まち・ひと・しごと創生基本方針」案の全容が24日、明らかになった。中心市街地の空き店舗解消に向け、こうした店舗が立つ土地への課税強化を検討することが柱。地域活性化で国と自治体との連携を強化するため、厚生労働、農林水産など6府省庁が地方で小規模なサテライトオフィス(出先拠点)設置の実証実験を行うことも明記した。6月に閣議決定する。

空き店舗の課税強化は、自治体が商店街の再生を目指す地域などで、出店希望者への貸し出しや売却を促す狙い。(共同通信)

つまり200㎡以下の土地に立つ住宅・住宅兼店舗の場合が6分の1。200㎡を超す場合は3分の1の減税となっている減税分が適用されなくなって、土地の固定資産税が現在より負担が増えるってことになる。

簡単に言えば土地に対しての固定資産税が「6倍」に跳ね上がるってことですよ。物件によっては3倍、4倍、5倍と違いますので、市役所固定資産税係へお尋ねされるといいでしょう。

借り手がいないから空き店舗なのである。
売るにしても五島市の本町アーケード街とサンシャイン新栄町アーケード街の不動産を買い求める人は簡単には見つからないであろう。
商店の後継者不足が原因で店をたたむ。結果、空き店舗となる。
売るにも言い値では売れない。

さぁ五島市の本町アーケード街とサンシャイン新栄町アーケード街に空き店舗を持つ所有者はどう動く?

空き店舗にしなければいい。店舗でなく住宅としてシャッターを開けましょう!!
うちの不動産は「貸店舗」ではありません。
そう言って課税強化から逃げ切るしか方法はないのである。

五島市は五島市議会と連動し、政府方針の案に対してすぐにでも反対の意見書を連名で出すべきである。
五島市の本町アーケード街とサンシャイン新栄町アーケード街の空き店舗へ課税強化することで解消されるわけはないのである。

どの市議会議員がこの政府案に対して議会にて問題提起するのだろうか!?みものである。
居るはずないから・・・

いち早く国の政策に異議申し立てをしないといけないと考える市職員や市議会議員が居ないのが五島市の力なのです。
しかし、空き店舗の課税強化は、自治体が商店街の再生を目指す地域に限られるものなので、五島市行政が商店街の再生を目指さない考えであればこの法案は適用されない。商店街の再生など五島市も五島市議会も見放せば課税強化から免れるのです。
「どうぞ商店街活性化、再生に向けた取り組みは行わないで結構です。」と考える商店街主はいるのだろうか。。。


地方紙面でも記事として取り上げられていましたが、五島市の商店街に空き店舗をもつ市民、または市議会議員からの問い合わせは一件もないと言う。
政府は過疎化が進み疲弊する弱体地方の商店街の現実を知るべきである。
視点がずれているとしか思えない。
関係部署は税務課固定資産係、地域振興部商工雇用政策課

地域振興部理事のお偉いさんに直談判に行き対策を講じるよう意見させていただいたが、住宅や住宅兼店舗が立つ土地の固定資産税は、最大で本来の額の6分の1減税される特例がある。
五島市もその特例が適用されているのであるが。。。
200㎡以下の土地に立つ住宅・住宅兼店舗の場合が6分の1。200㎡を超す場合は3分の1の減税となっている。減税適用について地域振興部理事のお偉いさんは知らない状態であったが、英知にあふれる五島市役所の集団がどうにか打開策を引っ張りだしてくるであろう。

いよいよ商店街も固定資産税の滞納で差し押さえ物件のアーケード街になる日が来るのだろうか。

 
なんでも相談室

2 thoughts on “シャッター商店街「課税強化」への逃げ道”

  1. 市役所業務は担当以外の事は知りません。担当課はどこどこですからそちらへ行ってください。
    指摘された理事はゴマのすり方ではトップクラスなんですが。そして市役所が打開策など考えきれるはずないですよ。箱物を壊すのと新しい箱物をつくること以外はやれない自治体なんだし、市長をはじめ、商店街の固定資産税が上がることなんか知ったことかよって思う職員がほとんどです。

  2. 商店街の再生? 市役所に市議会が当たり前に再生できない人達が商店街を再生する考えを見出せるはずはない。新しい箱物を作ることが立派なことだとしか思っていない人達です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください