人口減少食い止めには命を粗末に扱わない、扱わせない


生命としてこの世に誕生しとけば人口減少の現代社会には嬉しい話題である。

年間18万件 中絶の現場―「望まれない妊娠」をどうするか

「赤ちゃんができた」——。その言葉は常に喜びを伴っているわけではない。日本では今、1年間で約18万件の人工妊娠中絶が行われている。出生数から弾くと、6回に1回の妊娠が中絶されている計算だ。経済的な問題や母体の健康、意図しない妊娠など理由は千差万別で、「倫理」「権利」「法」といった問題も絡み合う。「中絶」の現場にスポットを当て、この問題を考えたい。(Yahoo!ニュース 特集編集部)


詳しくはこちらから


「中絶」の現場にスポットを当て、この問題を考えたい。
私は次のように思う。

アルコール摂取と喫煙は20歳になってから。なんだよな。
子作りすることにはいったいどんな決まりごとがあるんだろう。
【妊娠させる男性は責任もって子育てできる環境の下で。
そして、妊娠する女性もきちんと子育てできる環境の下で。】
結婚せずに子育てを出来ないお二人が中絶を選択する場合は、罰が課せられます。

このくらいの法制度に進めばいいのに。
私の個人的意見です。

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください