人材居るじゃないですか!


久賀島「椿屋旅館」、椛島「井上旅館」の後継者募集をしているそうだ。
久賀島の椿屋旅館は2回目の告知案内となる。

そしてこの2次離島地区にはそれぞれ「地域おこし協力隊」が配置されているのです。

椛島 地区担当の望月さん
 望月 孝祐(もちづき たかひろ)さん
出身 神奈川県
任期 平成27年4月1日から平成30年3月31日

久賀島地区担当の頴川駿介さん
頴川 駿介(えがわ しゅんすけ)さん
出身:東京都
任期:平成26年9月16日から平成29年9月15日

そもそも地域おこし協力隊とは・・・!?

五島市の募集対象者は次のように書かれている(抜粋)。

3.地域住民と協力しながら、地域を活性化するため意欲的に活動ができる方
4.活動期間終了後も五島市に定住し、起業、就業しようとする意欲がある方

上記の4。活動終了後は定住そして起業、就業する意欲のある者。なのである。
私はこれまでにも「地域おこし協力隊」についていろいろと書かせていただいた。
http://510-journal.info/?s=%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%81%8A%E3%81%93%E3%81%97%E5%8D%94%E5%8A%9B%E9%9A%8A

そして目に留まって熟読したブログ→私が地域おこし協力隊を辞めた理由

私が地域おこし協力隊に求めることは
地域おこし協力隊はフリーターであってはならぬ。ってことである。
そこでだ、活動期間中に起業することも見つからず、就業しようにも働く場所がなく派遣先にサヨナラっていった協力隊はこの五島市にとっては大問題なのである。しかしながら雇い入れの主である「五島市行政」は彼らに定住を進めきれない、つまりはきついことは言えない現状なのである。
活動期間が終了するまでの辛抱、そしてまた別天地を探し歩く。
椛島地区・久賀地区には就業の素材が存在した。
久賀島「椿屋旅館」、椛島「井上旅館」の後継者募集

五島市役所担当課をはじめ、市長も地域おこし協力隊に打診することはしないのである。いや、出来ないのである!やれば「断られる」し「嫌われる」から。

五島市が後継者募集に協力している以上、「収支計画書」なり事業としての見込み額をきちんと提示してやるべきである。一つの参考資料として。

 
なんでも相談室

One thought on “人材居るじゃないですか!”

  1. 2名の地域おこし協力隊員さんにぴったりのお仕事がみつかりましたね。受け継いでの起業に期待いたします。五島市で採用されたこれまでの地域おこし協力隊で活動終了後に島に定住した方は一名じゃなかったかな。全てとは言いませんが丸田さんのご指摘されているようにフリーター気分の人達がいる事は確かです。採用するのは市役所職員が面接してからの事ですからね。見る目無しってこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.