「落下した産廃ゴミ」落し物。所有者の元へ


遺失者(落とし主)が判明し、返還されたそうです。めでたしめでたし。

丸田さんのページにて取り上げていただきありがとうございました。

五島警察署、落し物担当部署の署員様から、落し物所有者の手元に届けられたそうで、御礼のお知らせまでいただきました。

しかしながら、受け取り人からは何の連絡もありません。別に構いませんが(笑)


ご報告ありがとうございます。暴風で落下してきた街灯の落し物、やっと受け取りに行かれたそうですね!

所有者の手元に戻った流れは?!

警察署→五島市管理課(公園管理担当部署)から街灯担当が五島市市民課住民生活係だと伝えられる。

警察署→五島市市民課住民生活係へ落下物が落し物として届けられて警察署にて保管されていると連絡。

五島市役所 市民課住民生活係の尾崎係長が受け取りに警察署へ出向く。

「取外して処分」されようとしていた矢先に落下してしまった産業廃棄物扱いの街灯が漸く所有者の手元に戻ったそうです。

漫画ではありません。吉本でもありません。五島市役所の実態なのです。

一部始終を知っている私は市民課課長へ、落下物を警察署へ落し物として届けてくれた市民へ報労金を支払ってあげるべきだと指摘。

報労金は、市民税または、国民健康保険税の免除でしょう!

五島警察署「拾得物管理番号のお知らせ」

投稿依頼「落下物拾得で五島警察署へ」届けられる!(爆笑)

暴風に備えず口だけは一丁前、安心安全な島づくりの五島市

市民が納税を1日でも滞納すると延滞金を加算し徴収いたします。市民が保管している落下物を1日でも早く引き取りに行かないと五島警察署へ落下物は届けられ市役所の職員が警察署へ引き取りに行くのです。

拾得物として届けてくださった市民への御礼はお忘れなく。ちなみに、市行政へ市民より、腐食のひどさで「落下するのではないのか?」と注意喚起されていたにもかかわらず、この有様。これが五島市役所の実力なのである。

そのうち、岐宿町交差点に落ちている看板みたいな落し物も五島警察署へ届けられるかもね!(笑)

誰の名前が書かれている看板なのだろう?

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください