谷川弥一衆院議員。惚けたり修正したりする前に「謝罪」です!


自民党の谷川弥一衆院議員(77)(長崎3区)は18日、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎(西九州)ルートを視察した際のあいさつで、「難しい問題は佐賀の説得。佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。報道陣から真意を問われた谷川氏は不適切だったとして、「修正したい」と述べた。

谷川議員の「暴言」 https://video.mainichi.jp/detail/videos/%E6%96%B0%E7%9D%80/video/6038524109001?autoStart=true&inb=ys


読売新聞は見出しに《谷川議員「韓国か北を相手にした気分」佐賀知事に》とまで書かれた。

全文は→谷川議員「韓国か北を相手にした気分」佐賀知事に

佐賀県に対して、五島市出身の立場でよく言えましたね。日本では知名度は佐賀県の方が上なんです。佐賀県 山口知事はじめ、県民の皆様方のお怒りお察し致します。

このようなお方か当選する、長崎県第3選挙区なのです。有権者市民として恥ずかしく思います。

 
なんでも相談室

2 thoughts on “谷川弥一衆院議員。惚けたり修正したりする前に「謝罪」です!”

  1. 全国ニュースで流れる始末。哀れな般若心経おじいちゃん。

    失言防止マニュアルが配布されてすぐのこの事態。自民党はこの言い訳議員をどう思うのか。

    少なくとも五島・長崎の恥であるのは間違いない。佐賀県・韓国・北朝鮮に謝りなさい。

    1. 参院選を前に自民党にマイナスの発言。お隣、佐賀県全てを敵に回しましたね。般若心経より問題になる事間違いないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください