県議選五島市選挙区|本日「投開票日」


2007年4月 山田ひろし獲得票 15,363票 投票率73.46% 有権者数 37,019人

2011年4月 山田ひろし獲得票 12,280票 投票率70.60% 有権者数 34,989人(▼2,030人)

2015年4月 山田ひろし獲得票 11,892票 投票率68.75% 有権者数 33,208人(▼1,781人)

2019年4月 有権者数 31.956人(▼1,252人だが、3月ご卒業の18歳数百人は投票を行使しないのであろう)

山田ひろし獲得票は投票率低下に比例して減少の一途を辿る。選挙状況について数多くのお問い合わせを頂いておりますが、市議選での自分自身の票も読めない(とれて100票との読み)丸田です、他人の票など読めないのが当たり前ですよね(笑)


政治家を目指す私は、昨夜のマイク収め式参加のため、「師と仰ぐ」大村市選挙区の小林克敏先生の応援に行っておりました。

私にとって貴重で良い勉強になった「マイク収め式」になりました。

投開票日の本日、私にとって記念すべき「決着の日」となりますように、大村神社にて祈りも捧げてまいりました。午後10時頃には当落が判明することでしょう。 藤原鎌足・藤原純友・大村歴代の領主・藩主を祭り、大村公園内に鎮座する神社です。もともと、文化2年(1805)、藩主大村純昌(すみよし)が、大村氏の祖と崇める藤原純友とその親族を祭る御霊宮を、池田山に建立したのが始まりといわれます。

その後、明治3年に大村家歴代の12柱を合祀して、常盤神社と改称しました。翌年、廃藩置県によって大村藩がなくなると、旧大村城下の士族達が発起人となり、旧領内に呼びかけて常盤神社を旧大村領民全体で祭ることにしました。しかし、池田山では参拝に不便なため、明治17年解体され、荒地となっていた大村城本丸跡に移されました。このときに社名も「大村神社」と改められました。 また、この移転にあたり、勤皇の功績が大きかった7名の領主は本殿へ、それ以外の歴代の領主や藩主は本殿脇の別社に祭られました。大正4年には歴代全領主や藩主が本殿へ祭られることになり、別社は取り壊されました。 大村公園の名物となっている桜は、大村神社が本丸跡に鎮座したことを祝って植えられたものです。境内には国指定天然記念物のオオムラザクラ、県指定のクシマザクラ、それに大村藩最後の大村純熙の銅像などがあります。

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください