挑発する五島市職員「樋口貴彦」がいる町


http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/living/event_detail.php?content_id=5314

先週の日曜日「五島でみんなが幸せに暮らすには?」に次いで、またしても意味不明なイベントの開催です。
その名も!
「五島市たすけあいの町づくりフォーラム」

助け合いとはなんぞや?!
「助ける、助けられる、助け合う事、互い、皆がそれぞれを思いやる、そこからの連携、結束。」

確かに、某スナックでの市役所職員による市民2名への一方的な喧嘩挑発で「連携、結束」の市役所職員らの行動は素晴らしかった。
市役所職員の助け合いは事情聴取でもその力は発揮されることだろう。

私が考える助け合い。
五島市で生きて行くために助け合いは必要ではない。一番大事なことは市役所職員らが目覚めるしかないのです。
なぜに高所得が得られるのか?
まずは、「仕事・補助金・入札」は市役所が与えているとの考え方を改めて欲しい。
「働かせて頂いている」へ変わってください。
そして余裕のある職員の方はステップアップしてください。
「頂いている報酬以上の働き」で納税者へご奉仕してください。

助け合い。マイナス面への協力は時として「迷惑行為」と悪口評価を得てしまうのであります。

初め悪しで終わりも悪し

 
なんでも相談室

2 thoughts on “挑発する五島市職員「樋口貴彦」がいる町”

  1.  アゴは猪木に似てる。古い話だが、猪木とカシアス・クレイ(モハメッド・アリ)が「格闘技世界一決定戦」と銘打って戦ったことがあった。結局、引き分けで終わったのだが、異常なのは、猪木は終始、駄々っ子みたいに寝っ転がって蹴るだけ。まるで戦いの体をなしていなかったのである。
     元オリンピック金メダリスにトで、WBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオンであったカシアス・クレイのパンチをあごに食らったら、砕けてひとたまりもないのは間違いないが、何とも情けない姿であった。
     ところが、後からの話では、猪木に不利なルールが密約されていたのそうである。肘うち、立っての蹴りなど禁止。だから寝っ転がって、蹴るしかでかなかったそうである。
     ところで「ピアノ売ってちょうだい」のキンタローは、密約もないのに椅子に寝っ転がって「なんちやこら!」と挑発しかできない「アゴ」なのですか。アゴだけのキンタロー係チョーよ、お前はそんなに偉いのかい。能無しのキンタローは、今後も市役所にかじりつくしかないんだろうが。ならば、市民に絡んだり、偉そうな態度をとるなよ。要するに「公僕」は「主人」に立てつくなちゅうことだ。それが嫌なら,いつでも辞めてちょうだい⤴。
     相談相手のカチョーも「喧嘩両成敗」の意味も分らんマヌケのようだな。元々はキンタローの「侮辱」、「挑発」がこのような問題を引き起こしたのだろうが。挨拶の声掛けした雇用主である「市民」に対する暴言を「喧嘩両成敗」というバカは、カチョーの資格もない。それよりか「成敗」というならどういう成敗という「処分」をするんだい。国語辞典でも買って、「喧嘩両成敗」や、基本的な日本語を学び直せ。
     その上司の「肘付きぼくちゃん」ブチョーも、かつて偉そうに、市民の前で肘をついてましたね。この前の「公費による済州島旅行」では初めての海外旅行みたいで、嬉しそうに記念写真に夢中のようでした。これじゃ注意もでけんですたい。

  2. 市役所では仕事より上司のご機嫌どりに精を出す職員がいます。
    この類に属する職員が多ければ多いほど業務は真面目な職員が大変となります。
    今回、このように連日集中して取り上げられていることこそ、地方公務員法第33条義務違反に値する。信用失墜。
    天罰でちょうど良かったいとする意見が8割以上の今週の五島市役所です。人としての長幼の序がわからない職員です。見えているのは自分の出世だけ、背丈が高い割には世間が見えない。
    先のコメントにクボブチョーが名前の名前が出ておりますので、昨年までは上司と部下の間柄。公の僕、この言葉を理解されていないから市民に対してあってはならない態度をとるのでしょう。まず一番に大事な事は謝罪に伺う、どんな理由であっても謝罪に動くことが先決ですよ。私達外野としてはかなり楽しみではありますが、パスワード記事はいつ解除されますでしょうか。楽しみに今日もアクセスしてみます。
    市長命令で職務中のスマートフォン利用禁止令発令もない五島市役所であります。ご指摘のイベントに樋口貴彦氏特別記念講演を推薦致します。丸田さんの厳しき追及をないと市役所は改善されません。それにしても、写真見ましたが、「本当につまらなそうなメンツ」で飲んでますね。僕なら、絶対行きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください