初め悪しで終わりも悪し


新聞記事内容の微妙な違いがわかりますか?

椿まつりが終わって2日。未だに祭り幟がそのままの商店街。
私は事務所があるブロック両サイドの幟を撤収し事務所に保管した旨を五島市公聴係である情報推進課課長へ連絡し事務所を空ける。

担当課から連絡がありました。
・丸田さんの事務所の幟は回収しました。
・商店街の幟は商工会議所がほとんど回収しました。
・まだ残っているところもありますが、各店主等に回収までお願いしており、近いうちに回収されます。
とのことでした。
情報提供から回収まで、ありがとうございました。

今月末からの県議会議員選挙。

投票を呼びかける告知アイテム。投開票終わって2日後。

あったら可笑しい。

終わったら撤収しますよね?

教えてあげれば要らぬお世話で悪人評価。可笑しいと思っても黙って見過ごす人は良い人。

商店街店主、死に体ですからこんな状況なのですよ。

イベント関係者、市役所職員は商店街も歩かないから気付かないのでしょう。

人を招いていても商店街再建は不可能なのです。

なぜなら椿まつりの開催期間日程さえ頭に入っていないんですから。消費期限切れの納豆。腐っているかの判別も出来ないまさしく痴呆自治体!

いっそ、椿まつりなどなくなっていいと思います。まだ椿の落ちた花を清掃する活動の方が椿祭りよりましだ。

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください