本日も発信されています!悪党公認 山田博司


長崎県議会議員「愛の還付金をください」 →https://youtu.be/qaVWJtFs91w

1位、長谷煌一郎((株)三陽、(株)ウエストジャパンフーズ)、96万円、福岡市・継続、魚屋(水産仲卸・水産加工業)

2位、中本明人((株)真興産業、(株)真喜商事)、760.700円、長崎市・継続、(石屋)

6位、加藤博文、(加藤産業(株)(株)藤進)25万円、長崎市・継続・(石屋)

7位、西田寛巳(たつみ産業株(株)西田商事)、246.812円、佐世保市、継続・(石屋)
続きは→山田博司(長崎県議)政治資金の研究(その5)

五島市民が選んできた長崎県議会議員が笑われているってことは、有権者の五島市民も笑われているのです。
恐るべしは山田博司、驚くべきは㈱三陽(長谷幸太郎)である
恐るべしは山田博司、驚くべきは㈱三陽(長谷幸太郎)である。その2
山田博司(長崎県議)の政治資金の研究(その1)
山田博司(長崎県議)の政治資金の研究(その2)
山田博司(長崎県議)の政治資金の研究(その3)
山田博司(長崎県議)の政治資金の研究(その4)

五島市の発展は「ひと」選び!!
世間では私が山田博司に裁判で敗れ、慰謝料として100万を支払ったと言いまわる山田博司であるが、事実は裁判所発行の和解調書ではっきりしているのだ。
7.原告は、被告らに対する本件訴えを取り下げ、被告らはこの取り下げに同意する。
9.訴訟費用は各自の負担とする。

弁護士を用立てしなかった我々は一円の支出もなく本裁判を終えたのである。当然に福岡県から連れてきた弁護士に一任していた山田博司は弁護費用並びに、提訴に要した費用を支払ったのである。いったい何のために訴え出たのやら・・・

 

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください