代表理事常務マッチポンプ担当「田口 勇」(JAごとう関連)


ごとう農協のガンは家永常務だだけではなかった!

JAごとうの田口さんが、三井楽支店の支店長時に地区内の過激な組合員に対して麦種子の件について請願書を農協に提出するように働きかけたが、書き方がわからない返事だっやことから、自分が作成した文書に請願者を暮らせ農協理事会に取り上げさせた請願内容の文書です。今裁判中の麦種子の件も田口さんの嘘から始まったことです。

田口常務と表現しなかったのは、これまでにパワハラ等で職員を辞めさせる、また組合員および職員ともトラブル続きで職員の誰一人として常務として認めていないし相手にもされない。
トラブルメーカーの田口さん

JAごとう職員より


上記は本日送達された封書。
差出人は「JAごとう職員」。宛名の字を見てピンときた!?

「神戸連続児童殺傷事件」で有名になった酒鬼薔薇 聖人の文字を思い出したのだ。
封書表書きに定規を使って書き上げたのだろう。農協の封筒で送られてくる内部暴露文書。

差出人不詳なのでせめて宛名書きは女性文字で送っていただきたいものです。^^;


マッチポンプ代表理事常務田口勇氏。
自ら書き上げ送り付けた請願書。裁判も大詰めとなってきているようだが、被告側農協(梶村顧問弁護士)は、被告人証人として元農協職員に証人要請をお願いしているそうだが、二度も断られている。田口君、「勇み足」にならないといいですね!※相手を土俵ぎわに追い詰めながら勢い余って自分から土俵外に足を出し、負けになること
そりゃそうだ、封書手紙にも記載されているように田口は「これまでにパワハラ等で職員を辞めさせる、また組合員および職員ともトラブル続きで職員の誰一人として常務として認めていない
元職員が田口のお願いを許諾し、証言台に立つものがいるはずはない。
そんな元職員へ、田口が言い放った捨て台詞。

このような裁判になったのは、おまえたちのせいだ

差し違えてはいけませんよ!田口君。
自分(田口自身)が作成した文書に請願者を暮らせ農協理事会に取り上げさせた。
麦種子の裁判も田口さんの嘘から始まったことです。

橋詰組合長に家永常務さんよ、こんな大嘘つきの田口君を常務でいさせていいんですか? 自らもめ事を農協理事会に送り付け、結局裁判沙汰。
もちろん裁判にて損害賠償の支払い命令が下された折には、賠償金は田口君から取り上げて下さいよ。
ここでも組合員の汗と涙の結晶で片付けるのでしょうか?
組合の金はあなた方が自由に使える金ではない。
組合員全てに権利があるのです。

 
なんでも相談室

6 thoughts on “代表理事常務マッチポンプ担当「田口 勇」(JAごとう関連)”

  1. 田口さん、麦裁判に負けたら責任とりましょう。橋詰家永にも嘘ついてたんだ。タチが悪い。

    1. 責任は役員報酬5パーセント返納一カ月だそうです。そうです、消費税より安いのです。

  2. ウソキバラ田口、入門●ゲ家永。JAを私物化するな。権限と責任は表裏一体だぞ。引き際は悪あがきせず、きれいにやれ。

    1. 上五島町の専務理事を含め皆さまいい生活をした事がないのでしょう。毎月ろくに仕事もせずに約束された高額な報酬。この方々は良い死に方しないですよ。

  3. 裁判好きなごとう農協さん、丸さんからたっくさん暴露されておりますが丸さんを訴えたりしないんですか。真実であり組合員さんたちの利益に反する業務内容を暴露されては訴えたりできないですよね。理事を続けるほど傷は広まるということさえ考えきれない知能なのですね。

    1. 名前からして田口勇君が選択した請願書提出。勇み足の可能性大ですよ。話合いで解決できる問題が裁判所での戦いになる理由ははっきりしています。問題にきちんと向き合えない幹部らだからです。だから相手方は出るところにでるわけです。組合員は自分らで弁護士費用を捻出するが、幹部らは組合の金でと考え、全く自分らの懐が痛まない。パソコンに電源を入れたら大爆発。農協幹部も同じです。組合長は短気で手足しか出すものがないそうですから。出さないといけないものを知らないのですね。賢くないから^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください