多摩川九州さん、文句ば言わんばよ


多摩川九州の福永節也さん、九州電力がこんなこと言い出したよ!

13日に太陽光発電抑制 国内初の実施

困りますよね〜、長崎県議会議員の山田博司ば利用せんですか!彼得意の恫喝で五島市浜町(発電事業者 有限会社藤島興産)の発電所だけでも発電抑制をやめてもらわんですか! 無届け分の売電含めて抑制されたら事業計画がパーになるんじゃなかとですか?


九州電力、13日に太陽光発電抑制 国内初の実施を決定

九州電力は12日、太陽光など再生可能エネルギーの発電事業者に一時的な発電停止を求める「出力抑制」を、13日に実施することを決めた。離島を除き、国内初の抑制に踏み切る。原発4基を再稼働させていることもあり、増える太陽光の電力を受け入れきれないと判断した。

12日の午後4時ごろから、停止を求める事業者に電話やメールで周知を始めた。九電は同日夜、報道関係者向けに説明する。

13日は好天が予想され太陽光の発電量が伸びるとみられる。一方、工場の稼働が減り、秋の過ごしやすい気温で冷房などの電力の使用量は落ち込むことが想定される。そのため電力の需要と供給のバランスをとるのが難しくなると考えた。午前9時~午後4時の間、43万キロワットを抑制する。

電力はためることが難しく、常に需要と供給を一致させる必要がある。このバランスが崩れると、電力の周波数が乱れ、故障を防ぐために発電所が停止し大規模な停電につながるとされる。

九電は14日にも、出力抑制を実施する可能性があるとしている。13日午後に最終判断し、事業者に通知する。実施する場合、13日の対象とは別の事業者を選ぶ。今後も、電力需要の低下する休日には出力抑制を行うケースが想定される。九電はその度に、停止回数が均等になるように対象の事業者を選ぶという。


また、別件にて発電買取企業から私へメールを頂戴しております。

「 ご提供いただいた情報につきまして以下の通り回答いたします。 電力会社は国が認定する設備分しか系統連系(電力会社設備に接続)の承諾はしませんので、国及び弊社への無届け(非認定)で増設された設備はその事実が判明した時点で解列(電力会社設備から切り離す)して頂くことになります。またこのケース(無届、非認定)における当該期間の売電料金は精算対象となります。 なお、先般情報提供頂いた件については内容を確認いたします。」

 
なんでも相談室

One thought on “多摩川九州さん、文句ば言わんばよ”

  1.  申請して許認可受けていた太陽光に増設して、水増しして売電したなら「詐欺」なるよ。多摩川九州は「犯罪」を犯してないなら説明しないといけないよ。説明できないとしたら、犯罪と言われても仕方がない。五島市は、よくもこのような企業からカネ貰ったね。早く返して関わりを絶ったがいいと思うよ。五島市幹部が「個人的に」何か貰ってることはない、と思うけど・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください