「動く方法」を知らない五島市


五島産業汽船の破産を知った五島市と市議会は、昨年5月から17ヶ月、述べ3万人が利用していて定着しつつあった佐世保航路と残念がる。一日2往復、単純計算で一便約15人、一日60名の利用客。企業は慈善事業では必ずポシャるのです。

五島市⇆佐世保市航路の突然の休止を残念だと思うのであれば、行政と市議会で代替え企業を探し出さないといけませんね。

すでに新上五島町は九州商船へ上五島町佐世保航路を打診されている。これも「町民」の為である、

新上五島町と九州商船が、五島市⇄佐世保市航路を心配するはずはないし、その必要もない。

五島市と市議会はこの機会をプラス材料として、新規企業の航路参入に乗り出した方が「市民」の為である。海上航路での企業選びには市議会議員 古川雄一議員をリーダーに動くのがいいのではなかろうか!  中尾郁子市長時代に圧力で実現しなかったが、鹿児島県の岩崎産業グループがヤル気を見せていたのだ。今こそ、サービスの悪い「九州商船独占」にストップをかける良いタイミングなのである。
当選後、一度も一般質問に登壇なさらない古川雄一議員、体調でも悪いのか?
五島市の長崎五島間海上航路問題は古川議員以外に主張できない。
古川雄一議員には頑張ってほしいな!

2010年3月11日 の長崎新聞記事
佐世保-上五島間に高速船 鹿児島の岩崎グループが就航計画

「岩崎グループはこれに先立ち、競合する九州商船に「効率運用」を目的にジェットフォイルを共同運航することを申し入れた。だが九州商船は「独自でサービスを提供する」として断った。岩崎グループは05年にも、長崎-五島で同様の申し入れをし、九州商船に断られた経緯がある。」


九州商船 ダイヤ改正を検討

五島列島と長崎市や佐世保市などを結ぶ「五島産業汽船」がすべての航路を運休している問題で、一部で同じ航路を運航する「九州商船」が、新上五島町の有川港と佐世保港を結ぶ航路について、乗客の利便性を高めるため、現在のダイヤを改正する方向で検討を進めていることが分かりました。

五島列島と長崎市や佐世保市などを高速船やフェリーで結ぶ「五島産業汽船」が、今月2日からすべての航路を運休している問題を受けて、9日、新上五島町の江上悦生町長は、一部で同じ航路を運航する「九州商船」の本社を訪れ、美根晴幸社長と面会し、江上町長は「九州商船」に対し、「五島産業汽船」が運航していた航路の復活も含め、町内と長崎市や佐世保市を結ぶ航路の拡充を要請、これに対し「九州商船」側は、町内の有川港と佐世保港を結ぶ航路について、町民が日帰りで通院や買い物をしやすくなるよう、現在のダイヤを改正する方向で検討を進めていることを伝えました。

一方、町内の鯛ノ浦港と長崎港を結ぶ航路については、「すでに有川港と長崎港を結ぶ航路を運航しており、運航効率なども踏まえて判断したい」などと回答したという。

ダイヤの改正時期について「九州商船」は、「すでに予約が入っている便もあるが、状況を見て判断したい」としている。


【平成24年3月 定例会-03月12日-05号】
(古川雄一君) そういたしますと、前のときも質問したと思うんですが、富江の合併前には500万の予算を組んでコンサルタントにお願いしたわけでございますが、3年は赤字であるけれども、50年スパンでコンサルタントが調べたところ物すごくいいころだというふうなことで、その書類を岩崎汽船に送ったわけでございますが、岩崎さんが直接社長が来ることはまずないというのを来ていただいたわけでございますね。

そのときに、ぜひやりますというふうなことだったんですが、市長が余り進まないというふうに私は受けとって、岩崎社長もあの市長はやる気ないよと。その後、議会の済んだ後に九州商船の平井社長、支店長、こういった人たちとカンパーナで飲み会をしたというふうに聞きました。前の議長さんも入っていたそうです、浦 藤彦さん。そういったことで、やはり市民はよく見ているんですよ。だからできないと。おやじの時代から九商とは仲がいいんだから、とても無理だよと私言われましたが、そういった今はそんなら市長としては、富江長崎航路を率先してやっていただけますか。やる業者を連れてきますよ。

 
なんでも相談室

4 thoughts on “「動く方法」を知らない五島市”

  1. 佐世保航路復活願う1市民です。
    五島産業汽船の新航路を真っ先に喜び、感謝のTELして、この一年で十回以上活用。
    ハウステンボスとかが航路引き継いでくれないかな?とか、佐世保市がしてくれないかな?とか。
    五島市はあてにならないから

    1. コメントありがとうございます。全くもってあてにならない行動力がない五島市自治体と市議会ですからね。
      一気に野母商船さんの新規参入が一番良いのではないかと勝手に考えています。

        1. 知事への要望後に取材に応じた野口市長は当面、佐世保~福江(五島市)航路の再開を求めない姿勢を示した。野口市長は「自分たちの航路と新上五島町では影響が全く違う。上五島の航路が優先だ」と語った。
          本音言ってしまいましたからね。五島市の海上航路は昨年の5月以前に戻り、この先も九州商船以外の参入はあり得ません。行政も議会もやる気がなく、九州商船に嫌われたくない方々ばかりですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください