もはや国民の敵(浜町メガソーラー事業施設)


事業開始時の航空写真(2014年5月時 国土地理院)

疑惑内容(差出人不詳で送られてきた資料)

現在の事業地区航空写真(Google map)

上記の赤く塗って表した部分が「無届、無許可の増設550.076kw」なのか!? 年額2200万円を売電し不当な利益を得ている事実。国民を騙して利益を得ていると言っても過言ではない。

電力買取の九州電力さま、黙って見過ごして良いはずはない。なぜなら売電に当てられた支払金は九州電力の利用者が支払っているからである。※再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、風力発電・地熱発電・水力発電などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担するものなんです。)

事業者はもはや国民の敵。犯罪者と同じである。多摩川ホールディングスから賃借権を譲渡された有限会社藤島興産は果たして被害者なのだろうか!

発電出力が2000kwを越えると

設備投資に掛かる経費の各々で負担増になるって言うのか?

火の無いところに煙りは立たないと言うが、日の当たる場所では不法であっても発電し売電は行われているのだ。

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください