五島産業汽船に異変!?


本年8に「数千万円」の不渡りに続き今回2度目の不渡りか!?
会社のHP・フェイスブック・ツイッターでの運休のお知らせは行われていない。
この点では情けない企業である。
きちんと知らせるべきではないのか!!(午前7時時点での状況)


平成22年五島産業汽船が所有する中古船「びっぐあーす1号」を新上五島町が5億7千300万で購入し、五島産業汽船へ無料で貸し出していたことを記憶している新上五島町民はどれだけいるだろうか。

その後も新上五島町は同型の「びっぐあーす2号」を五島産業汽船から8億7千万円で購入し、五島産業汽船に無料で貸し出し長崎~鯛の浦航路で運航させていた。
原資全額が県、国費なのである。

九州商船ストライキ行使の際の運行支援では有り難き企業であると感謝し応援したい気持ちであったが、今回の利用者への対応は残念である。民事再生法等による再起を祈念致します。


就航中の船舶
びっぐあーす
元徳島高速船「ねぷちゅーん」。1995年竣工、総トン数293トン、旅客定員300名

びっぐあーす2号
元徳島高速船「びーなす」。1993年竣工、総トン数295トン、旅客定員300名

ありかわ8号
元「びっくあーすJr.」。総トン数58トン、旅客定員79名

フェリーありかわ 2018年10月導入
1995年12月竣工、山中造船建造(第577番船)、元・伊平屋村村営フェリー「フェリーいへや」。
498総トン、全長68.52m、型幅12.0m、型深さ7.50m、ディーゼル2基、機関出力4,000PS、航海速力18.00ノット、旅客定員252名

ひまわり
1992年3月30日竣工、三井造船玉野事業所建造、元・大阪市広報船「夢咲」。
187総トン、全長34.2m、型幅8m、最大速力31.0ノット、旅客定員140名

昨夜22時には福江港に停泊していた佐世保―五島航路の「ありかわ8号」

今朝の福江港。佐世保へ出航するため乗船する場所に「ありかわ8号」の姿なし

関係者などによりますと船舶の売買で赤字に陥り、今年8月と10月1日、不渡りを出したという。


五島列島と長崎市や佐世保市などを結ぶ高速船やフェリーを運航する「五島産業汽船」が、旅客船を2日から当面の間、運休すると関係する自治体に伝えていることがわかりました。

五島産業汽船の本社がある新上五島町によりますと1日午後、五島産業汽船から「船の運航を休む」という連絡があったということです。
理由について経営上の問題とした上で、「最善を尽くしている」と話したということです。

また長崎県によりますと1日県の担当者が五島産業汽船に確認したところ会社側は、「運航する航路を当面の間、運休する方向で検討している」と答えたということです。

会社のホームページによりますと五島産業汽船は、長崎市と新上五島町、佐世保市と新上五島町、佐世保市と五島市、それに長崎市と熊本の天草を結ぶ4つの航路で高速船やフェリーを運航しています。

長崎県や新上五島町などは、旅客船の利用者が混乱するおそれがあるとして2日朝から職員を港に派遣して運航状況を確認するなど対応にあたっていて、佐世保市と五島市を結ぶ航路は始発便が運休しています。(10月02日 07時31分 NHK 長崎)

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください