偽りの「国民民主党五島市支部」山田博司


五島市区(同1)は無所属現職が自民新人の挑戦を受ける。

この発表は10月1日付の長崎新聞。


長崎県議選まであと半年 16選挙区 50人立候補予定

4年に1度の統一地方選が来春に迫った。このうち、長崎県議選には30日現在、全16選挙区の定数46に対し、現職、元職、新人の少なくとも計50人が立候補を予定していることが長崎新聞社の取材で分かった。これ以外にも出馬、擁立を慎重に検討する動きがあり、最終的な人数は増える可能性がある。長崎県議選まで約半年となり、今後、各政党も含め動きが加速しそうだ。

 前回(定数46)当選者は政党別に▽自民26▽民主5▽公明3▽共産1▽社民2▽無所属9。過去最多の7選挙区で無投票。投票率は過去最低の50・89%だった。次期県議選を巡っては、自民が勢力を維持、拡大するのか、野党分裂を経て初の統一地方選を迎える立憲民主、国民民主がどこまで有権者に浸透できるのか、地方議員のなり手不足の中で選択肢の広がりや世代交代が進むか-などが注目点になりそうだ。また、選挙権年齢が「18歳以上」へ引き下げられてから初の統一地方選で、若い世代の関心が高まるのかも焦点となる。

 50人の内訳は現職38、元職1、新人11。政党別(公認申請予定含む)では▽自民32▽立憲民主2▽国民民主4▽公明3▽共産1▽社民2▽無所属6。

 ◎自民、全選挙区で擁立目指す 立民新人公認、公明は議席維持へ

 次期県議選の立候補予定者を政党別にみると、自民は現時点で現職27、新人5の計32人が公認申請を予定している。長崎市区と佐世保市・北松浦郡区が各6人と多い。自民は全選挙区で擁立を目指しており、11月半ばまでに1次公認を終える考えだ。自民県議団は昨夏、2会派に分裂。選挙戦への影響もはらんでいる。

 現在県議がいない立憲民主は新人2人を公認した。国民民主は現職、元職各1人を公認済みで、現職、新人各1人が公認申請している。公明は現有3議席の維持を目指す。共産は長崎市区の現職1人の擁立を決めているほか、佐世保市・北松浦郡区、諫早市区にも候補者を立てる方向で検討中。社民は現職と新人計2人の擁立を決めている。自由は擁立の予定はない。

 選挙区別でみると、県都の長崎市区(定数14)は計15人が出馬予定で、新人も5人。佐世保市・北松浦郡区(同9)は立候補の意向を固めた9人以外に、国会議員経験がある元職の動きが注目される。

 県央は激戦の様相だ。諫早市区(同4)では国民元職が雪辱を誓う。大村市区(同3)では、2月の県議補選で苦杯を喫した自民新人、立民新人が現職に挑む。

 松浦市区(同1)は自民現職、無所属新人が出馬予定で、保守票を巡る激しい戦いになりそうだ。五島市区(同1)は無所属現職が自民新人の挑戦を受ける。

 西彼杵郡区(同2)は、自民現職のうち1人が引退の意向で後継候補の人選を進めている。島原市、雲仙市、南島原市の各選挙区(各同2)、平戸市、対馬市、壱岐市、西海市、東彼杵郡、南松浦郡の各選挙区(各同1)はこれまでに意思を明確にしている立候補予定者は定数かそれ未満だが、出馬や擁立を模索する動きも一部にあり、流動的だ。


国民民主党長崎県五島市支部長の党看板を掲げる山田博司。
無所属ならば即撤去しないさい。
無所属であるならば国民民主党の看板への記載はできんでしょうに。
政党支部の代表を務め「五島市支部」を設置する特別な理由でもあるのだろう。

政治資金規正法は、企業献金の受け皿を政党と政党が指定する政治資金団体に限り、資金管理団体など政治家側への寄付を禁じている。特定の企業や個人が突出して政治に影響力をもつことを防ぐために献金額の上限を定めている。企業献金の1年間の上限額は資本金や団体の規模に応じ、1社あたり1億~750万円。個人献金の上限は政党に2千万円、そのほかの政治団体に対しては1千万円の枠内で1団体につき150万円とされている。民主党は企業献金の禁止を公約に掲げている。(2009-10-02 朝日新聞 朝刊 1社会)

平成23年度・長崎県議会議員 山田博司「嘘金持」の仕組み
平成24年度・長崎県議会議員 山田博司「嘘金持」の仕組み
平成25年度・長崎県議会議員 山田博司「嘘金持」の仕組み

長崎県警に長崎県選管、しっかりとご指導願います。
現時点で「無所属」と主張しているのです。国民民主党に籍はありのでしょうが、無所属で出るとの趣旨は、選挙の際に党への公認申請手続きをしても公認が頂けないということもあるのではないのでしょうか?
 

国民民主党の公約ではなく、山田博司個人のパフォーマンス看板だと私は思うのであります。
統一地方選挙、衆参同一選挙となった場合、国政進出の意向表明の山田博司、どっちに出るんだね?
私は個人的に国政一本に動かれたほうがいいと思う。
君なら大丈夫!〇〇間違いない!!

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください