五島市行政の非常識な判断


国から譲与をうけた市有地財産の浜地区にある里道。

開発業者は使用、利用にあたり所有者の五島市へ何の相談も届出も行われず無断で太陽光発電施設を設置し現在まで売電による不当な利益を手に入れているのだ。

仮に、駐輪場にある他人の自転車を使用する為に無断で乗っていったとしよう。

犯罪だそうですよ!
自転車仲間、逃走者が万引きで確保されたばかりに知り合って数週間の仲間は逮捕されたそうです。つまり罪人は罪人を呼ぶってことだ。
メガソーラー無断土地占有。悪事を企てた人物にはどんな仲間がいるのであろうか? 自転車泥棒、見つかったからレンタル料金支払ってすむ問題じゃなさそうですね。五島市監査委員と五島市管理課さん、6年もの間、不当な利益を手に入れている五島市浜町のメガソーラー、市有地財産の不動産侵奪。後出しにて申請書出せば問題にならないとする五島市。完全に舐められていますね。


逃走容疑者の自転車仲間も逮捕 自転車を横領容疑で

9/30(日) 10:54

大阪府警富田林署で留置中だった樋田淳也容疑者(30)が逃走し、加重逃走容疑で逮捕された事件で、山口県警は30日、同県周南市で樋田容疑者が身柄を確保される直前まで一緒にいたとみられる住居不定、無職の東浩司容疑者(44)を占有離脱物横領の疑いで逮捕し、発表した。東容疑者は「樋田容疑者という認識はなかった。知ってびっくりしている」と供述しているという。

 東容疑者の逮捕容疑は、7月下旬から8月上旬までの間に、和歌山県橋本市内に放置されていた大阪府高槻市の販売員男性(25)の自転車1台を横領したというもの。

 大阪府警と山口県警は、樋田容疑者と東容疑者は約3週間にわたり行動をともにしていたとみて、足取りを調べる。


住民監査請求提出から60日以内に監査結果を出さなければならない。提出日が8月21日。期限は10月20日だが、あいにく土曜日だもん。19日しかない、カウントダウンが始まった。さて五島市管理課が主張するように、まずは土地使用申請書の提出を求めるとの監査結果を言うのかね。

五島市に「寄付金」さえすれば何で見逃してもらえる五島市という悪名を植え付けさせるのだろうか。

土地の無断占有は立派な犯罪なのである。

 
なんでも相談室

One thought on “五島市行政の非常識な判断”

  1.  バカには、常識的判断や、通常の法令解釈ができません。吏員としての判断なのか、上から言われてそうしているのか分かりませんが、少なくとも、カチョー、ブチョー、副市チョー、市チョーに稟議書を回しているだろうから、最終的には「辞めたら長崎帰ると世間で言われてる市チョー」の判断になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください