平成24年度・長崎県議会議員 山田博司「嘘金持」の仕組み


①県議会事務局からの支給額内訳(平成24年度)

  用務内容 合計 交通費 旅行諸費 公務諸費 宿泊料
1 4月委員会等 164,840 39,640 4,200 21,000 100,000
2 5月委員会等 276,885 72,785 7,500 30,000 166,600
3 6月委員会等 31,555 4,955 600 6,000 20,000
4 6月定例会 445,745 54,945 7,800 63,000 320,000
5 7月委員会 28,665 5,065 600 3,000 20,000
6 8月委員会 114,225 36,225 3,000 15,000 60,000
7 9月委員会 411,550 60,450 7,500 57,000 286,600
8 10月予算委員会 161,775 24,775 3,000 24,000 110,000
9 11月委員会等 111,915 33,915 3,000 15,000 60,000
10 11月定例会 430,190 95,090 10,500 48,000 276,600
11 1月委員会 52,335 14,535 1,800 6,000 30,000
12 2月委員会 44,355 14,755 600 9,000 20,000
13 3月定例会 405,940 39,640 6,300 60,000 300,000
  平成24年度合計 2,679,975 469,775 56,400 357,000 1,769,800

②山田博司事務所(民主党長崎県五島支部)の交通費内訳(平成24年度)
交通費支出額 3,960,940円

県議会議員の会議等への出張旅費は県議会より①2,679,975円支給されており、その他の出張に民主党長崎県五島市支部からは②3,960,940円の交通費が支出。
年間に出張旅費で6,640,915円
一個人で年間に交通旅費にこれだけ利用するものなのか?

民主党長崎県五島市支部へ山田博司個人からの寄付金の詳細は次のとおりである。
①平成24年2月29日 1,800,000円の寄付
②平成24年6月20日 1,800,000円の寄付
③平成24年10月10日 1,840,000円の寄付
※この年の寄付金控除の書類は提出されていなかった。

④さらに平成24年度の政務活動費 山田個人への支給額は3,120,000円で返納金はなかった。

年度 交付額 精算額 返納額
平成23年度 3,120,000 3,922,948 0
平成24年度 3,120,000 3,687,959 0
平成25年度 3,120,000 3,922,948 0
平成26年度 3,120,000 3,596,771 0
平成27年度 3,120,000 3,614,181 0
平成28年度 3,120,000 3,256,951 0
平成29年度 3,120,000 3,160,104 0

長崎県議会議員 山田博司の収入は県議会議員の給与所得のみである。
一県議会議員で妻子持ち。
妻子は旧福江市長選挙の選挙期間中から長崎市内に移住(山田博司との民事裁判での証言)。別居でない限り江頭真美宅ではなく、長崎市内のマンションが議会会期中の宿泊先なのであろう。
  

妻子の生活(通院・通学・習い事・家族とのコミュニティ)の面から考えると、生活の拠点は長崎市といえる。五島市選出議員が自分の妻子を五島市に居住させないで、ふるさと五島の発展などとよく口にできるものだ。
下記画像は議運小委員会記事と委員会資料

  

次回は平成25年度の詳細公開へと続く

 
なんでも相談室

One thought on “平成24年度・長崎県議会議員 山田博司「嘘金持」の仕組み”

  1.  これじゃ逃げられんよ。特別、優秀でもないのが、秘書や議員として、今までいい目にあったんだからこれで良しとせねば。県議も消去法で残っただけ。
     同級生はみんな地道に働いているよ。そろそろ、きれいに身を引いて、地道な仕事についたらどうですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください