9月だよ、JAごとうの番です!


JA壱岐市に県が業務改善命令

壱岐市の農業協同組合「JA壱岐市」が、顧客の求めに応じて金利を不適切に優遇したうえで他人の名義で複数の口座を開設し、それを長年放置していたとして、長崎県はJA壱岐市に対し業務改善命令を出しました。

長崎県によりますと、去年、県が国と合同で行ったJA壱岐市への検査で、平成13年から去年まで最大で1.7%、金利が不適切に優遇された16の定期貯金口座が見つかりました。

さらにその口座は、1人の顧客が家族や知人など合わせて11人の名前を借りて開設した口座で、JA側は少なくとも平成18年からこうした他人名義の口座の開設を認めていたということです。

口座を複数開設していた理由について、JA壱岐市は元本で1千万円とその利息までしか保護されない「ペイオフ」の対策として口座の分割を顧客から求められたと説明しているということです。

こうした不適切な対応について長年、認識しながら放置したことなどは、「業務を執行する上で重大な問題がある」として、長崎県は7日、JA壱岐市に対し法令を順守し管理を行う内部の体制を強化するよう求める業務改善命令を出しました。

県では来月5日までに業務改善計画を提出するよう求めています。

JA壱岐市はすでに金利の優遇や他人名義の口座は解消しており、今回の命令について「厳粛に受け止め、問題点を早急に改善するよう努めるとともに、再発防止の対策を強化したい」とコメントしています。


JA壱岐市のやっていた事は法令を遵守していなかった。しかし組合員、利用客へ損失が発生していたのかを考えるとそこは強く指摘は出来ない。

さあ、お次はいよいよJAごとうの番だよ。橋詰体制になってからは組合の資金で全て問題ごとに支払ってきた。数ヶ月後には国、県、市から補助金返還命令が下される。沖縄市に本社を構える企業へ所有権が移転されても知らぬふりでひと月が経過。

週明けには、新たな問題で裁判所から農協へ通達が行われる話を耳にしている。

長崎県はJA壱岐市に続きJAごとうにも本腰入れないといけませんよ。

余談だが、最近「この顔」が頻繁にテレビに映し出されている。

私には.ごとう農協の馬場嵜奈津子理事兼女性部会長に見えるのである。

理由はわからない、、、。
橋詰組合長の次は、馬場嵜奈津子組合長ってどうだろう!
ふてぶてしい態度と、思考回路無しの頭脳は組合長にもってこいである。

 
なんでも相談室

3 thoughts on “9月だよ、JAごとうの番です!”

  1. 本気にするよ。身の程知らずの風船はどこまでも上って行くぞ。同類の親兄弟や子どもは、誰も諌める者はない。

  2. テレビの「この顔」役員と風船理事を例えることはおこがましい。テレビの「この顔」は少なくとも、オリンピック選手で、昔は美人。こなたオリンピック級の「風船女」は、昔から塗ったくってもどうにもならん「とん吉」。比較にならん。

  3. ばかなーの-
    ばかのりさーん
    ばかーの母ちゃんは
    ナンジャラホイ、いつでも変だよ
    普通じゃないよ
    ヨイヨイヨイ

    あのーつらじゃや
    ばかのりさーん
    アウトじゃないの
    ナンジャラホイ
    つらを変えれば
    ヨイヨイヨイ
    ヨイヨイヨイのヨイヨイヨイ
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください