厳しい残暑が終わり、厳しい取調べが始まる


五島市議会議員で山内産業代表取締役社長、セイホウ開発筆頭株主の清川久義さま、厳しい日々をおくられていたようですね。

会社倒産より自らたたむ方が見映えが良い。議員職、任期全うするより即辞職。漸く「逮捕」されましたので記事として公開させていただきます。

自社に利益を与えずして、◯◯団へ利益供与の現職市議会議員。

30代から60代の男女3名への取調べには、五島市議会議員「清川久義」氏も含まれていた。
私が問題視しているのは暴力団幹部が逮捕された事実ではなく、利用していた(または利用されていた)人物を問題視しているのです。

五島市には暴力団排除条例というものがございます。

懐かしの暴力団排除条例記事

清川久義氏に関する情報
背信の副議長 五島市 – 長崎県政を監視する会 – Gooブログ


さて、逮捕が公になりましたので、五島市行政および、五島市議会はどう動かれるのでしょうか。五島市には『暴力団排除条例』というものがあり、また『五島市議会議員倫理条例(政治倫理基準)』に抵触します。
なので、先月10日に、五島市行政へ文書を提出しておりました。

  

調査活動に対する支援協力願い

五島市暴力団排除条例(以下、市暴排条例と言う。)第5条 3項の「市民等は、暴力団の排除に資すると認められる情報を得たときは、市にその情報を提供するよう努めるものとする。」公共事業入札参加には暴力団排除に関する誓約書の提出が義務付けられていると思うが、あくまでも自己申告での提出であり、入札参加資格業者すべてを五島市が捜査機関へ照会することはないのだろう。

 そこで、市暴排条例 第5条 3項にそって一件の情報提供を行う。 

長崎県の暴力団「石湊会」傘下団体であり、五島市に拠点を置く「中本組=組長 中本光夫」へ、長崎県警五島警察署から家宅捜索が行われている。この捜査に係る関係者として、五島市議会議員 清川久義※山内産業代表取締役社長が、長崎県警から事情聴取に数回呼び出されているのである。暴力団組織から法定外金利での借入金について事情聴取が行われていたのだ。

また、株式会社 山内産業は長崎県五島振興局並びに、五島市の公共建設工事残土処分施設として指定され実際に利用され公金(税金)が支出されている。
 そもそも市暴排条例の基本理念には、「暴力団を恐れないこと」「暴力団に対して資金を提供しないこと」「暴力団を利用しないこと」を基本として、国、県、市、市民等及び関係団体等が相互に連携・協力して暴力団排除を推進します。とある。しかしながら、恐れられる暴力団への情報提供など仕返しの恐怖があるから出来ないのである。

 今回の五島市議会議員 清川久義は山内産業の代表者であり、またセイホウ開発※産業廃棄物処理業者の筆頭株主でもある。このような企業が暴力団から資金を借り入れ、法外な利息を支払うことは、市暴排条例 第15条(利益の供与の禁止)市民等は、暴力団の威力を利用し、又は暴力団の活動若しくは運営に協力する目的で、暴力団等又は暴力団員が指定した者に対して金品その他の財産上の利益の供与をしてはならない。に抵触するのである。

市暴排条例が単なる絵に描いた餅で終わらせないためにも、かつ、建設業業界全体への注意喚起の意味でも、今回の情報提供を適当な黒い噂話ととらえず、長崎県警五島警察署と連携して、暴力団排除に向けた、そして暴力団と関係する企業、議員へ公金を支出することのないように調査し、適切な措置を講ずるべきであると当団体が進める調査への支援をお願いするものである。


清川市議会議員さん、山根会長が辞任した理由ご存知ですよね!
山根会長が辞任に追い込まれた最大の要因は、過去に暴力団組長と関係があったことを認め「約50年前の話で若気の至り」と話したことだと断言した。「(辞任に追い込まれた要因で)1番、大きかったことは、反社会勢力との交流が非常に大きかった。世間の批判を浴び、小中学校、高校の父兄、指導者に悪い影響を与えることを招いたのが1番の理由」と語った。

 
なんでも相談室

4 thoughts on “厳しい残暑が終わり、厳しい取調べが始まる”

  1.  闇金から借りるようになったら、その会社はお終いだ。たぶん借りる必要はないのにわざわざ借りてやって、高い金利を払っているんでしょうね。実質は利益供与。

  2. 清川だけでなく、谷川議長にも暴力団との関係話はある。市議会としてきちんと調査して処分を考えないといかんでしょう。それには市民がしっかりしないといけない。丸田さんにだけ行動させてはいけない問題ではないでしょうか。

  3. 久義は何故警察から事情聴取されたのかな? 携帯電話も取り上げられていたのじゃないのかな? 中本氏との付き合いちゃんと話されたそうですね。貴方のやっていることは市議会議員として間違えていませんか。市議会議員のお立場ですからこんなして書かれても当然です。野口市長さん、市民の丸田氏を厄介者扱いすることは間違っていますよ。何もかも腐っているから厳しく指摘されているんじゃないのですか。

  4. 誰かがきちんとした指摘をしないとこの島は駄目です。暴力団との関係も随分前からの話であって、島の人達は世間話だけで盛り上がるだけ。丸田さんのブログ公開は清川は怒りまくっていることだろうね。丸田さんに腹立てるのは本末転倒。今回の逮捕によってこれまでみたいに支払う必要がなくなって楽になることはありません。警察での聴取、全てを喋ってしまった事実、怖いよねー、警察に警備を頼みますか。社員、従業員を暴力団以上に面倒みなかったんだもんね。議員面して偉そうな態度はもう終わりにしましょう。このボンクラが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください