今やっております


今取り組んでいること、農地の地目変更です。

謄本上、地目が「畑」なので宅地または、雑種地に変更せねばならぬ。

なので、生きていた証として地目変更に本人申請を行います。土地家屋調査士へ依頼すれば5万円程度必要です、なので支払わずに学習兼ねて知識を増やす方を選択しました。

農地からの地目変更には市農業委員会の協力を得ます。助かったのは、地籍の測量が行われており、法務局にも測量図が保管されていたことです。

地目変更の原因期日は、平成17年3月27日。これは、五島市が窓口となりごとう農協の牛舎施設が完成した期日。つまり、建設完成時に農協が地目変更を行っていなければならなかったことなのです。

適当過ぎるごとう農協へ、五島市行政が補助金を支出。関係部署の連携が一切行われていなかった事がはっきりとわかりました。

市農業委員会何やってるの!
市農業振興課何やってるの!
市税務課何やってるの!
市建設課建築許可係何やってるの!
補助金承認機関の五島市部署何やってるの!

新しい土地の所有者である丸田がなぜ地目変更までやらねばならなかったのか!?それは補助金窓口の五島市行政の業務体制に問題があるからです。

2018年8月8日、土地取引は予定通り終わりました。

 
なんでも相談室

4 thoughts on “今やっております”

  1.   地目は、現況が「雑種地」なんだから、早く、本山出身の「ハシヅメ」に上物を撤去させて、原状回復させて、現況を「農地」とせねばいけないと思うのですが。裁判所に雑種地の原状回復の仮執行と損害賠償の請求の申立はできないのでしょうか。

    1. 第三者への所有権移転には地目変更が必須ですので致し方ありません。
      仮執行と損害賠償請求には時間を要しますので、まずは第三者への所有権移転を優先することにいたしました。

  2.  失礼しました。さすが丸田さんです。
     ところで、今の市議員がどのくらい五島市のことを考えているのでしょうか。共産党は、下大津の向原さんが、議員を辞めて以来、「協賛党」になっているじゃないですか。
     皆さん、市議会議員は、「市議会偽員」じゃないのです。もし、その能力がないと思ったら、自ら辞めるのがまともな人間ですよ。しっかり役目を果たしてください。
     某偽員さんよ、「死界偽員」になって、恥ずかしもなく、市役所の車検の仕事もらうなよ。お前、乞食じゃないだろうが。

    1. 議会がこんな議員を仲間として指摘もできない。だから、二三美術館がすんなり承認されるのでしょう。某県議は恐喝まがいで寄付金求め、その妹は女性斡旋まがい。監査委員は住民監査請求提出を得意とする市民に「お前とは話さん」ですからね。五島市の一番の無駄は議会報酬ですね。昨晩、某議員の市政報告会に顔出ししてきましたが、ズラーッと並んだ市議会議員6名、情け無い顔ぶれでした。K議員は報告会に警察署と呼び出されるのがお好きのようです。そのうちご自身が「廃棄物」扱いされる方を心配なさられたがいいのでは?砕石に産廃、借銭みたいに業務利益が増えてくれればいいんですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください