「悪しき古き人間」「潔く辞めましょう」(JAごとう関連)


デタラメのごとう農協経営陣に理事、監事の皆様。日本ボクシング連盟のいざこざをご存知でしょうか?

ボクシング関係者333名からの連名による告発状。ごとう農協もそろそろ提出されるのではないのでしょうか? JA長崎県中央会宛への「告発状」ですよ。

ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太が自身のフェイスブックで、「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」と現在のボクシング連盟へ痛烈批判。「新しい世代に交代して、これ以上、自分達の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです」と、世代交代を強く訴えていた。

ごとう農協、組織に君臨するものと、賛同する理事のための経営。貰えるものは貰い、支出は全て組合の資金から。非常識を当たり前に、嫌な問題は全て顧問弁護士に任せてあるとする農協経営陣。

私が競売で手に入れた野々切町の土地は、落札以後、一度も自由に利用出来ないのだ。太々しく施設が陣取っており、迷惑かけているにめまかかわらず、施設が建っているのを知っていて買ったのだろうが!と口だしする顧問弁護士。施設が建っているのは農協そのものが知っていること。夜逃げされて土地に、五島市の補助事業を悪用し畜産事業へ参入しようとしていた五福商事(監査役 山田ひろし県議の妻)からも入札前に逃げられる始末。

その土地も丸田から長崎市在住の◯◯氏の手に所有権移転がされる事になる。農協はこれまで以上に、自ら問題を大きく成長させる事になる。

橋詰組合長、家永常務、田口常務、中山専務「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」「新しい世代に交代して、これ以上、ごとう農協の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです」

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください